まず、この場を借りて、ready forにご協力いただき、一緒にセヴァンを日本に招いてくださったみなさま、ありがとうございます。一家が(雪のため1日おくれて)日本に到着、ツアーがはじまりました!

 

昨日は東京cafeslowにセヴァンを迎え、力強い太鼓ユニットによる演奏で歓迎。環境運動を展開してきた仲間や集まったみなさんとの再会を喜び、そこに希望があるといってくれる、母のセヴァンからのスピーチを聞きました。

 

12歳のとき世界のリーダーたちに対して怒っていたセヴァンは、こんどは権力を持つリーダーたちではなく、それぞれの生きかたを自由に決められるはずの、私たち一人ひとりにかたりかけたいと、希望を話してくれました。どうやったら世界をかえられるかずっと考え続けていた道筋をたどって。

「人間にとって最もパワフルな力は、愛の力です。ここにいるすべての人がその力を知っているはずです」。Love is the Movementです!

セヴァンを歓迎するためにあつまった、それぞれのやり方で世界をかえている同世代の女性たちが、多様な切り口で質問をなげかけ(最初からこんなに普通の質問ができて面白かった)ました。

まずはにんにくから植えて、子持ち昆布を採集しているセヴァンの暮らしや、飛行機によく乗ることなど環境運動家としてのジレンマ、いつも「外に出る」というとてもセヴァンらしい自分の保ちかた、何か結果だけを目指すのではなくていい瞬間をあつめていくことができる、という変化へのプロセスのことや、何かコミュニケーションがぶつかったとき相手の人生をリスペクトするという態度、都市で生産された食べものをたべるのがかっこいいことなど、もう面白いことが沢山聞けました。

 

今日の記者会見から、日本各地をまわるいくツアーがはじまります。
(写真は100人を超える会場の全員で撮影するのが難しかったので、終了後の写真です★)
 

新着情報一覧へ