25日お世話になっていたHさん宅から、拠点を相思社に移し、撮影できる体制を整えた後、週末から月曜日まで、いろいろな催しを撮りました。

 

土曜は水俣・芦北の名産品サラダ玉ねぎのお祭りサラ玉まつりやみなまた環境絵本大賞授与式、日曜は水俣病事件60年を問うシンポジウム第3回、そして月曜日は第二世代訴訟の公判。

 

頑張っていろいろ顔を出しているのですが、問題は撮影技術とプランニングで、

音声が入ってなかったりとか、途中でメモリがいっぱいになって、大切な部分を撮り損ねたりとか、もちろん三脚を立てずにとっていると手ブレとか、もちろん機材の方で修正する機能はついていますが。でもそれもだいぶ撮影を進めた結果の悩みでもあるのでしょう。

 

終盤戦お世話になるカメラマンのNさんから、失敗を恐れずインタビューもとったほうがいいですよと言われているので、頑張ろうと思っていますが、レディフォーもラストスパートに入り、大分くたびれてきました。

 

でも、いろんな方に飲み会に誘ってもらっていろんな話を聞いたりして、水俣の今を存分に感じています。写真はグリーンスポーツで芋煮会をした時の焚火。

新着情報一覧へ