READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録
成立

島根県松江市、出雲市、雲南市の戦争遺跡をまとめガイドブックを出版

戦後史会議・松江

戦後史会議・松江

島根県松江市、出雲市、雲南市の戦争遺跡をまとめガイドブックを出版

支援総額

702,000

目標金額 400,000円

支援者
249人
募集終了日
2021年2月24日
プロジェクトは成立しました!
4お気に入り登録
4人がお気に入りしています

終了報告を読む


4お気に入り登録
4人がお気に入りしています
2021年01月31日 09:00

応援メッセージ#06 有馬誉夫さん

=======================
      身近な周辺にある「戦争遺跡」を訪ねていきたい
             有馬誉夫 (本書監修者、日本近現代史)
 わたしは1943(昭和18)年1月に生まれた。父は昭和19年海軍に応召、母は青年学級の教師であったが、昭和20年の松江市殿町の強制疎開のため、母の実家に疎開せざるをえなかった。また、わたしの師兄M氏(すでに鬼籍にはいられたが)には、お酒が入ると必ず学徒動員で「機関車の運転助手」をしたこと、「空襲」にあったことを何度も何度も聞かされた。
この頃に生まれた方ならだれでも、本人でなくても、父母、祖父母までたどれば必ず何らかのかたちで「戦争」とのかかわりを持っている。
いま、いつの間にかわたしたちの身近にも戦争が忍び寄っている現状に対して、「戦争」とまともに向き合っていくべきではないだろうか。そのために、まず身近な周辺にある「戦争遺跡」を訪ねていきたいと思っている。
=======================
プロフィール:松江市出身。1943年(昭和18)生まれ。岡山大学卒業後に(社)島根県観光開発公社や(財)ふるさと島根定住財団などで勤務。在勤中から「島根観光学会誌」の編集に携わり、退職後に『島根の観光レジャー史』に関する2冊と、『島根の招魂祭』2020を刊行。
 

応援メッセージ#05 田中朝子さん応援メッセージ#07 渡邉貞幸さん
一覧に戻る

リターン

2,000

私も『島根の戦争遺跡』を読んでみたい

私も『島根の戦争遺跡』を読んでみたい

御礼のメール送付
ガイドブック『島根の戦争遺跡』1冊

支援者
206人
在庫数
41
発送完了予定月
2021年4月

4,000

もう1冊は家族や友人に贈りたい

もう1冊は家族や友人に贈りたい

御礼のメール送付
ガイドブック『島根の戦争遺跡』2冊

支援者
24人
在庫数
完売
発送完了予定月
2021年4月

10,000

全力応援 場所等を相談のうえで代表 若槻が現地ガイド。(有効期間1年)

全力応援 場所等を相談のうえで代表 若槻が現地ガイド。(有効期間1年)

御礼のメール送付
ガイドブック『島根の戦争遺跡』3冊
場所等を相談のうえで代表 若槻が現地ガイド

支援者
19人
在庫数
完売
発送完了予定月
2021年4月
プロジェクトの相談をする