READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録
成立

島根県松江市、出雲市、雲南市の戦争遺跡をまとめガイドブックを出版

戦後史会議・松江

戦後史会議・松江

島根県松江市、出雲市、雲南市の戦争遺跡をまとめガイドブックを出版

支援総額

702,000

目標金額 400,000円

支援者
249人
募集終了日
2021年2月24日
プロジェクトは成立しました!
4お気に入り登録
4人がお気に入りしています

終了報告を読む


4お気に入り登録
4人がお気に入りしています
2021年02月19日 09:40

応援メッセージ#17 影山邦人さん


====================
       遺跡の後ろに見えるもの
           影山邦人(アエラ地域文化デザイン室 代表取締役)
 雲南市の山里で育った私が幼い頃の遊び場はもっぱら裏山の炭焼場だった。毎日黙々と炭を焼く父のそばは子供には天国だった。物心ついた頃に父がポツリポツリと語り始めた戦争体験。敗戦色濃い南太平洋、ラバウル海軍航空隊としてフィリピン沖で戦傷を負い、のちに特攻兵の教官として若者を見送るも程なく終戦。被爆まもない広島を経由して帰還した父は、その後隠れるように山に籠った。兄弟のうち2人が還る事なく戦地で命を費えた後の故郷だった。
 やがて高齢を迎える頃、父は会う人ごとにせきを切ったように熱く戦場体験を話しはじめた。酷く、無為な戦い。無能な国策。激しい憤りを秘めた父の語りは、しかし穏やかだった。私には遠い世界での戦争の記憶を残して、昨秋、父は101歳で逝った。
 そんな折、この「島根の戦争遺跡」ができあがった。これは戦争を知る数少ない人、そして戦争を知らない多くの人々に深い感慨をもたらすだろう。こんな近くに残された遺跡の後ろに見えるものを、私はしっかりと記憶していきたい。できれば父の棺に供えてやりたかった。
====================
プロフィール:1950年生まれ/加茂岩倉遺跡銅鐸映像・石見銀山遺跡調査報告書・たたら製鉄など各種文化事業の広報業務/石見銀山協働会議理事

応援メッセージ#16 山本和美さん皆様のご支援に感謝します。本当にありがとうございます
一覧に戻る

リターン

2,000

私も『島根の戦争遺跡』を読んでみたい

私も『島根の戦争遺跡』を読んでみたい

御礼のメール送付
ガイドブック『島根の戦争遺跡』1冊

支援者
206人
在庫数
41
発送完了予定月
2021年4月

4,000

もう1冊は家族や友人に贈りたい

もう1冊は家族や友人に贈りたい

御礼のメール送付
ガイドブック『島根の戦争遺跡』2冊

支援者
24人
在庫数
完売
発送完了予定月
2021年4月

10,000

全力応援 場所等を相談のうえで代表 若槻が現地ガイド。(有効期間1年)

全力応援 場所等を相談のうえで代表 若槻が現地ガイド。(有効期間1年)

御礼のメール送付
ガイドブック『島根の戦争遺跡』3冊
場所等を相談のうえで代表 若槻が現地ガイド

支援者
19人
在庫数
完売
発送完了予定月
2021年4月
プロジェクトの相談をする