プロジェクト終了報告

2019年02月05日

花巻公演が無事終了しました。

ご報告が遅くなり申し訳ありません。

当プロジェクト事業「宮沢賢治の弟子「農村指導者:松田甚次郎」の演劇を花巻で公演!」は、花巻市内外の合わせて600名以上の方々よりお出でいただき、無事終了することができました。

皆さまのご理解・ご支援があっての成功であります。誠に有難うございました。

心より感謝申し上げます。

 

観客数としては、先に報告したとおり600名以上の方々が入場され、演じる方も満足感のある公演となりました。

 

公演では花巻市ら児童の合唱の場もあり、公演にアクセントを加えていただきました。

 

会場ホワイエでのパネル展示や、別会場での花巻・新庄両市の物産販売等、公演外でも大いに賑やかな催物となりました。

 

おおよそ半数の方々より回答のあった公演後のアンケートにおいても、9割以上の方々より良かった・大変良かったとの回答をいただくことができました。また、休憩時間には当市の新庄まつり(ユネスコ無形文化遺産登録)の映像を流したこともあり、ぜひ新庄に、新庄まつりに行ってみたいとした感想もありました。

 

 

演劇公演はこの度のプロジェクトのゴールではありますが、当団体“新庄の種プロジェクト”の活動のゴールではありません。

この演劇公演を機に、色々な形での花巻との交流を進めていきたいと考えています。

そして、心豊かな生活を目指し、甚次郎が貧しい農村の改善運動に取り組んだように、ここ新庄に住む方々が住んで良かったと思えるふるさとづくりに繋げていきたいと思います。

 

なお、皆さまからご支援いただいた資金については、詳細は今後報告させていただきますが、練習で使用した会場の使用料、キャスト・スタッフの旅費、公演の記録・編集費用等、事業費全体の補てんとして活用させていただきます。

 

リターンについては、公演チケット・チラシ等については前もって送らせていただきましたが、それ以外のリターンについては、事業報告と共に2月中にお送りいたしますので、ご了承ください。

 

クラウディングファンド利用・活用の有無に関わらず、当団体の活動は今後も継続してまいりますので、ご注目いただければ幸いです。