プロジェクト終了報告

2017年07月07日

空知から殺処分"0"へむけて

この度、私たちのプロジェクトに賛同下さり、支援頂きました皆様へ、感謝の気持ちを込めてプロジェクトのチャレンジ終了報告をさせて頂きたいと思います。

 

投稿内容と重複する部分もありますが、改めて結果報告をさせて頂きたいと思います。

 

私たちは空知から殺処分を無くす事を目標にして活動をしております。新たな里親さまを探すまでの間、命をつなぐ犬猫の為の保護ハウス設立には物件を所有し、動物たちが住めるようにする為のリフォームの経費約90万円が必要でした。

私たちの準備金や手元に届く金額を加味して65万円の支援を募るチャレンジでしたが、たくさんの方の熱い思いとともに支援金額も少しずつ目標金額に近づき、チャレンジが終了した時には81万円のご支援を頂き、私たちのような名もない小さな団体が活動を継続していく大きな原動力となりました。

 

ご支援下さり、応援して下さった皆様、感謝の気持ちでいっぱいです。

誠にありがとうございました!

 

つきましてはこの81万円がどのように使われるのか皆様にしっかりご報告させて頂きたいと思います。

 

まず、私たちのがこのプロジェクトから頂ける実際の支援金額は81万円の内62万円になります。

その内、約45万円がこれから家主さまから譲り受けるお家の贈与税、不動産取得税、登録免許税、来年から発生する初回の固定資産税に使われます。

税金なので1円単位までの正確な金額は実際の請求が来るまでは分かりませんが、おおよその金額を税務署、法務局、振興局に算出して頂いたものです。

残りの17万円は早急に必要な床と壁の改修工事などの費用26万円に充当し、不足分は私たちの持ち出し費用でまかないます。

 

私たちはなかなか里親さまが見つからないような状態の悪い動物を引き取る事が多く、毎月の医療費のお支払額が10万円前後になり、その費用の捻出や保護しなければならない動物たちの増加に伴う費用が大きな負担になっております。

それには1匹でも多くの保護動物たちが新たな里親さまに家族に迎えて頂く事が一番大切だと考えておりますので、皆様にも引き続き見守って頂きながら、応援、ご支援頂きたく宜しくお願い申し上げます。

 

【リターンについて】

★写真付サンクスレター★

お一人お一人に手書きで8月より順次郵送し、9月末までには全ての皆様の元にお届け致します。

 

★ブログ等でのお名前掲載・建物内お名前刻印★

9月末までに刻印ボード完成を待って合わせてご紹介させて頂きます。

 

このプロジェクトに参加して下さった皆様の思いともに活動して行きたいと思います。