READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

新たなシェアハウスのありかたを提案する本を出版します!

東村 奈保

東村 奈保

新たなシェアハウスのありかたを提案する本を出版します!
支援総額
1,763,000

目標 1,800,000円

支援者
76人
残り
終了しました
募集は終了しました
5お気に入り登録5人がお気に入りしています

5お気に入り登録5人がお気に入りしています
2014年01月12日 21:28

2014年、明けました!

明けましておめでとうございます!
今年初めての投稿です。

昨年2月にソーシェアを設立。たくさんの方にご支援やご指導いただきながら日々勉強、感謝と反省の毎日でした。

「シェアで社会問題を解決する」をテーマに活動を始めたものの、進めていくうちに、ターゲットやミッションにブレが出てきたり、リソースの少なさをカバーすることが思っていたより難しかったり、スタッフ同士が想いや情報の共有を出来ていなかったり・・・・少し進むと問題にぶつかり、話し合ってはまた少し進む・・・を繰り返した一年でした。
でも、たくさんの問題にぶつかったお陰で、今年すべき事が固まったのでは、と思います。何事も前向きに考えなくては!

 

ソーシェアは、「シェアとは想いと想いが繋がること」だと考えています。重要なのは、ただ単に「人」でも「場所」でもなく「想い」なのだ、という考えからです。

 

シェアハウスに注目したのも、今まで出会ったシェアハウスの運営者の方の多くが、「想い」を実現する場としてシェアハウスを始めたという点です。皆さん当初は、シェアハウスがやりたかった訳ではない、と言います。シェアハウスはツールであって、目的ではないのです。


それならば、シェアハウスというツールで社会の課題や問題を解決出来ないか、という問い掛けが、今回の出版プロジェクトの発端です。

 

以前取材したシェアハウスを再取材しながら、改めて気付いた点もたくさんあります。きっと本を創ることで、聞きたいテーマが定まったからでしょう。

 

今年も取材は続きます。私自身もどんなお話が聞けるのか楽しみです。

2014.1.5
東村 奈保


写真は、昨年12月27日に取材させていただいたシェアハウス、『めいちゃんち』の扇沢さん。
めちゃくちゃ面白いお話が聞けました。早く皆さんに聞いて欲しい〜!

2014年も、ソーシェアをどうぞよろしくお願いいたします。

一覧に戻る

リターン

3,000

①サンクスレター
②パンフレット
をお送りします。

支援者
20人
在庫数
制限なし

10,000

①、②に加え、
③今回作成します、『寄り添う暮らし ~ライフスタイル別、課題解決型シェアハウスを紹介します~』(1冊)をお送りします
④『寄り添う暮らし ~ライフスタイル別、課題解決型シェアハウスを紹介します~』に協力者としてお名前を掲載します

支援者
48人
在庫数
制限なし

30,000

①~④に加え、
➄ソーシェアTシャツ
をお送りします。

支援者
6人
在庫数
制限なし

50,000

①~➄に加え、
⑥セミナー・イベント(出版記念パーティー含む)に3回無料ご招待致します。

支援者
5人
在庫数
制限なし

100,000

①~⑥に加え、
⑦カメラマンMALさんの出張撮影致します。(日本国内のみ)

支援者
5人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする