ご支援をいただきました皆様へお詫びのご報告

皆様にお待ちをいただいておりました製品完成のご報告とリターン発送に向けて、ようやく中国の製造メーカーから日本へ入荷がされ、私も昨日製品の確認をしてまいりました。

 

やっと皆様に発送させていただけると期待していたのですが、 大変遺憾ながら、中国の製造メーカーから届いた製品に不備があり、この状態ではとても皆様のお手元にお届けできないことが判明いたしました。

 

 

 

 

 

 

製品としては、色や形は申し分なく、

そして手に取って見たときの艶を抑えた色合いや手触りなどは想像していたものに仕上がっておりました。

 

ただ、日本入荷の発送工程において、写真でもご覧いただきますように、

コップの方は、事前に指示していた『ビニールによる個包装』がきちんとされているのに、ボウル(碗)の方にはそれがなされておらず、製品同士をそのまま積み重ねた状態で長時間運ばれてきたためと思われる「傷」がついてしまっておりました。

また、製造工程での『色むらや汚れ』といった課題も出てきてしまいました。

 

 

元々お伝えしておりました期限を一度延長しておきながら、支援者の皆様に再びこのようにご心配、ご迷惑をおかけすることになり、

本当に本当に申し訳ございません。

 

これまで温かく、見守り支えてくださった皆さまに改めてお伝えしなければならない事態になりましたことは、大変心苦しいのですのですが、

何としても妥協のない、きちんとした製品を皆様にお届けするために、

今一度、私の挑戦にしばしのお時間を頂戴できませんでしょうか?

 

ものづくりの世界に長年携わっておられる先輩方から始めにご助言いただいたのは、製作のデザインやプロデュースをする者と、実際の製造者が違う以上、その間の意思疎通を測ることの難しさ、特にそれが海外の会社であればハードルが高くなることは必ずしも珍しいことではないと学ばせていただいておりました。

 

しかし実際そのような状況になる中でも、全てが後ろ向きなことばかりではなく、 この製作に関わってくださっている全ての協力企業の皆様が、必死に現在ご対応くださり、私自身も、それら1つずつを『勉強』しながら、真摯に進めさせていただいております。

 

要改善点を一個一個確認して製造メーカーさんに再度指示を出します。

 

 

では、いつになったら完成した製品を皆様のお手元にお届けできるかにつきましては、現在、製造メーカーさんにこちらの意図する指示を改めてきちんと伝えて頂き、一日も早く再入荷できる日程を調整中でございます。

 

はっきりと判明し次第、すぐにご報告させて頂きますので、 どうか今しばらくお時間頂戴できますよう、皆様のご理解を賜りたく、心よりお願い申し上げます。

 

皆様のご支援があったお陰で、ものづくりという挑戦、またその工程1つ1つをノウハウとできるよう、多くの方々にお力添え頂きながら前に進ませていただいております。

 

今回確認した製品は、申し上げたような課題点を除いては、自分がイメージしていた完成品にほぼ近いものに仕上がっていました。

そのことについては、本当に嬉しく、ここまでこさせていただけたことに感謝の思いでいっぱいです。

 

 

皆様に支えて頂いている思いを決して無駄にすることなく、必ず製品を完成させて、まずは皆様の元へお届けしてまいります。

 

重ねまして、お待たせしてしまいますことを、心よりお詫び申し上げます。

 

中岡亜希

 

 

 

 

 

 

 

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています