こんにちは!
本プロジェクトの実行者の秋沢淳子です。

先日、1月20日、今回のプロジェクトへお寄せいただいた支援金を、AFS日本協会さんに無事お届けした事を、ここにご報告します。

 

 

東京都港区虎の門、昨年完成した新名所「虎の門ヒルズ」にほど近いAFS日本協会の事務所で、AFS日本協会スタッフで、ファンディング部門を担当されている大野博通さんが出迎えてくださいました。

実はこの大野博通さんは、エシャンタや私と同じ年にAFSからニュージーランド留学をした同期。スリランカから高校生留学生を迎えるこのプログラム創設当初から、尽力してくれている同志です。

 

今回スプートニクからお届けした支援金は、長年一緒にこの留学プログラムを援助頂いている、
株式会社ジンテック 様

株式会社ユーエムイー 様

からの資金と合わせて、今年3月に来日予定の留学生、ハンサニの日本でのプログラム参加費用および昼食代補助のために、大切に使うことを、大野さんがしっかりと約束してくれました。


どうか、ご安心ください!

 

 

 

 

11期留学生のハンサニは、3月に来日し、10か月間日本で留学生活を送ります!

 

このプロジェクトも支援金の引き渡しで一つの区切りを迎えます。

支援してくださった58名の方、間接・直接に応援してくださった多くのみなさま、本当にありがとうございました。


今後も、ハンサニの来日とその後の様子(※)や、スリランカ、ガーナ、そして国内でのわたくしたちスプートニクの活動は折に触れてこの新着情報でご報告致しますので、どうぞご期待ください。

 

※留学生が安心して留学生活が送れるよう、本人、ホストファミリー、ホストスクールのプライバシーに配慮した内容になる事はご了解ください。

 

本日の新着最後に、大切なお知らせとお願いをさせていただきます。

 

<当プログラムを支援くださる企業・団体・個人の方を探しています>

 

SPUTNIK Internationalでは、12期、及びそれ以降に向けて、継続的にご支援いただける、企業・団体・個人の方を探しております。

今年度、11期生はREADYFOR?を応援・支援下さった多くの方の力で無事迎え入れることができますが、12期・13期と安定的に運営していくために、継続的にご支援頂ける方を探す努力を続けています。

 

ご興味のある方、ご検討頂ける方がいらっしゃいましたら、ぜひ、下記までお気軽にお問い合わせ下さい。

 

info@sputnik-international.jp

 

<AFS受入生のホスト・ファミリー募集中です>

 

AFS日本協会では、日本を肌で感じたいと思っている多くの若者を、家族の一員として受け入れて下さるホストファミリーを募集しています。

 

日本にいながら多様な価値観や文化を共有できる、素敵な体験をしてみませんか?
AFSでホストファミリーをするための条件は、「異文化交流を通じて公正で平和な世界の実現を目指す」というAFSの精神に共感し、留学生を家族の一員として暖かく迎え入れて下さるご家庭であることです。 「英語がしゃべれない」「家が狭い」「同世代の子どもがいない」といった心配はいりません。
現在ホストファミリー募集中のプログラムは以下の通りです。
ー2015年3月下旬から半年間(全国)
ー2015年3月下旬から1年間(全国)
詳しくは、http://www.afs.or.jp/hosting/ をご覧ください。


 

 

今日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

引き続き、SPUTNIK Internationalをよろしくお願いいたします。

 

秋沢 淳子

SPUTNIK International一同