はじめまして!

今回メッセージリレーのトップバッターをつとめさせていただく

学生団体SWITCH2年の石川碧です!

 


トップバッターということで緊張しています(笑)

まず今回の支援について簡単にお話します!
今回私たちがすすめていきたいことは図書支援です。
カンボジアの学校に絵本や教養本を寄付したいと考えています。

ただ本を贈るだけ??

それだけではないです!
私たちSWITCHなら贈った後も確認できます。
私たちは毎年3月にStudy Tourとしてカンボジアを訪れています。
なので子供たちが実際に本を読んでいる姿を

自分の目で確認することができます。
たくさんのカンボジアの子供たちが夢中になって本を読んでくれる姿を

見ることができるのではないでしょうか?

ではなぜ図書支援なのか。
それは、、、、、

本は好奇心を刺激してくれるものだからです!

私は小さい頃から好奇心旺盛で何にでも興味をもつ子でした。
それは小さいときに父が様々な本を読み聞かせしてくれたからだと思います。

私にとって本を読むことは新しい世界との出会い、

新しい興味を与えてくれるものでした。

このおかげで20歳になった今は本が与えてくれた好奇心のきっかけを、日常生活でも探し、常に何かに夢中になれるように積極的に行動しています。

私はカンボジアの子供たちにも自分の好きなこと・興味を持ったことに

主体的に取り組んで欲しいと考えています。
ですが実際、村に住んでいるカンボジアの子供たちの世界はとても狭いです。
将来の夢を聞いたときもほとんどの子供たちが“教師か医者”の2択でした。

私はこの状況を図書支援で変えることができると考えています!
本からたくさんの刺激をもらい、子供たちが将来の夢を聞かれたときは
“やりたいことがありすぎて決められない!”

と話してくれる日を楽しみに待っています。