こんにちは!

学生団体SWITCH2年の小林大貴です!

 

私たちの団体ではカンボジアの子供たちに支援を続けています。

そんな中で、今回の支援方法は「図書支援」です!

世の中支援する方法は多種多様…

お金を直接あげられたり、インフラ整備を手伝えたりする時代に

なぜ本なのか…。

 

それはカンボジアの子供たちの将来を大きく変える可能性がある

と思うからです。

 

 

カンボジアの子供たちは、

村から出る機会が全くといって良いほどありません。

そんな環境下で子供たちがなりたいと思い描ける夢は何か…

村にいる医者や先生などに絞られてしまうんですよね…。

 

 

それでも、偉人が書いた本や、普通じゃ体験できないことを描いた小説、

さらには学問的な本まで、本には自分の世界を広げられる要素が

無限に詰め込まれていると思います!

 

 

だからこそ、図書支援なのです!

私はカンボジアの子供たちにたっくさんのことを知って欲しいです。

皆さんのお力でカンボジアの子供たちに新しい世界を見せてあげられるなら、それって凄いことだと思いませんか?

 

どうかご協力のほどよろしくお願いいたします!!