こんにちは!

学生団体SWITCH3年の梶 舞凜です!

 

 

みなさんは小さい頃 絵本や本を読むのは好きでしたか?

誰しもお気に入りだった本や思い出深い本があると思います!

 

本はたくさんの事を教えてくれます。
世界にはたくさんの国、職業、動物がいることなど

普段の生活だけでは分からない事を知ることが出来ます。


また、本を読むことで発想力や想像力がつき、

家庭や学校の授業だけでは学べない力を

自分自身でつける事が出来ます。

 

私達はカンボジアの子ども達の教育支援をしています。

今回 図書支援をすることで彼らにもこの本の楽しさを知り、

様々な事を学んで欲しいと思っています。


彼らは自分の村、自分の生活以外の事を知りません。

だから将来の夢を聞いてもほとんどの子が同じような答えで

夢の選択肢が少ないです。

 

知らない事からは新たな考えは浮かびません。

本を読む事で様々な事を知り、自分らしいやりたい夢を見つけ、

そして叶えるきっかけになってほしいです。

 

 

貧しいという理由で進学や夢を諦めるのではなく、

進学したり夢を叶える事で視野を広げ、色々な経験が出来ると思います。


そして自分達の力で生活を変えていこう、村をより良くしていこう、

国をより豊かにしていこうという人が

本を読んだ子の中からたくさん出てきたらいいなと思います。

 

カンボジアの子ども達が世界を、夢を知るきっかけを一緒に届けませんか?

ご協力よろしくお願いします。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!