今日はプロジェクトメンバー数名と、新しく翻訳のためにこのプロジェクトに加わってくださったファーディーさんと打ち合わせをしました。

 

ファーディーさんは本当に日本語が堪能!プロジェクト遂行のために大変心強い存在になってくれることでしょう。体は大きいけれど、態度がとても謙虚な方で、「シリアのために日本人がこんなに努力してくれてありがたい。私たちにできることがあれば」ととても力強く言ってくれました。本来シリア人はこういう謙虚で紳士的な態度を取ってくださる方がとても多いのです。私たちがこの活動を続けられるのも、そのようなシリア人の心意気に感動して、今でもシリアのことが大好き、何とかしたい、と思うからです。

 

来週はプロジェクトメンバーの沙織さんと私(佐藤)がヨルダンに飛びます。現地での様子や、プロジェクトの進捗状況を皆様にお伝えしていきたいと思います!

新着情報一覧へ