プロジェクト終了報告

2017年10月02日

「シマノフスキ デュオ・リサイタル」 終了報告

 

◆ご支援者の皆様へ

9月3日(日)、皆様のご支援をもちまして「カロル・シマノフスキ 講演/デュオ・リサイタル」を盛会のうちに幕を閉じることが出来ました。プロジェクトにご支援くださった全ての皆さまに、改めて御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

 

東京藝術大学長・日本シマノフスキ協会理事

澤 和樹

 

東京公演当日に配布されたプログラム

 

◆講演「シマノフスキの遺したもの」

澤学長より、ポーランド最大の音楽出版社であるポーランド音楽出版社編集長で音楽学者、音楽ジャーナリストのダニエル・チヒ博士が紹介され、カロル・シマノフスキの音楽についての講演がポーランド語(日本語逐次通訳:重川美紀博士)にて始まりました。講演は、シマノフスキ音楽の源泉と創作におけるインスピレーションの一端に迫るもので、最初に、シマノフスキがどのような人物であったかについて、彼が「1910年代の美的なことに関する対立を自分の作品の中で次々に解消した如才ない作曲家」であったことや「気が多いところがあり、理想とする純粋な愛を優雅に愛(め)でながらも、その官能的でみだらな面に魅せられた」等、巧みなレトリックで語られ、作品との関係性、そして、家族、友人たちとの関係性からシマノフスキの個性を解明するものでした。続いて、彼の創作活動について、オペラ《ロジェ王》の第一幕がスクリーンに映し出され、また、バレエ《ハルナシェ》より〈山賊の踊り〉の音楽の一部を鑑賞するなど、その他代表的な作品についての特徴が紹介されました。約50分間の講演は、シマノフスキの生涯と作品の特徴、その魅力がぎっしりと詰まった充実した内容で、多くの観客がシマノフスキを身近に感じることのできた貴重な時間となりました。

 

ダニエル・チヒ博士(左)と重川美紀博士(右)

 

ダニエル・チヒ博士によるスライドを使った講演

 

◆デュオ・リサイタル

講演終了後、10分間の休憩をはさみ、ヴァイオリン:澤和樹、ピアノ:イグナツ・リシェツキによるデュオ・リサイタルが開催されました。

まずはヴァイオリン、ピアノのデュオ「ヴァイオリンとピアノのための《ソナタ》 二短調 作品9」から始まり、ピアノソロ曲「ピアノのための《前奏曲》 変ホ短調 作品1-8 アンダンテ・マ・ノン・トロッポ」「3 つの〈マズルカ〉― ピアノのための《マズルカ》 作品50 と《マズルカ》 作品62 より」へと続きました。当日演奏者の即興で曲目が決定される〈マズルカ〉は、「作品50-13」「作品62-1」「作品50-16」が演奏されました。

 

Vn:澤和樹(左)とPf:イグナツ・リシェツキ(右)によるデュオ演奏

 

演奏に先立ち、挨拶をするイグナツ・リシェツキ

 

イグナツ・リシェツキによるピアノソロ演奏

 

休憩後は、シマノフスキ最高傑作のひとつ「《神話 ― ヴァイオリンとピアノのための3 つの詩曲》 作品30」で再開し、「ヴァイオリンとピアノのための《ロマンス》 ニ長調 作品23」、シマノフスキ作品上最も技巧的なヴァイオリン曲である「ヴァイオリンとピアノのための《夜想曲とタランテラ》 作品28」、そしてアンコール曲には「《神話 ― ヴァイオリンとピアノのための3 つの詩曲》」から再度「第2曲《ナルキッソス》」が演奏され、ご来場頂いた約150名のお客様からの大きな拍手のもと、幕を閉じました。

 

演奏会後半「《神話 ― ヴァイオリンとピアノのための3 つの詩曲》 作品30」に臨む二人

 

演奏会終了後のカーテンコールに応える一同

 

◆収支報告(2017年10月現在予定)

講演者旅費・謝金 400,000円

演奏会運営費(人件費、楽器保守費、会場設営費等) 885,000円

福岡公演委託費 80,000円

プログラム印刷費 176,000円

CD制作費 140,000円

リターン等郵送費 15,000円

その他物品購入費 170,000円

 

◆リターンの発送状況

東京公演及び福岡公演については無事に終了し、現在オリジナルCDの作成に着手しております。11月中にお手元に届くよう進めておりますが、対象のご支援者様には発送時に改めてご連絡させていただきます。各ご支援金におけるリターン状況は以下のとおりです。

 

5,000円のリターン

9月3日(日)東京公演ご招待済。当日お越しになられなかった方へはプログラム送付済。

 

7,000円のリターン

9月1日(金)福岡公演もしくは9月3日(日)東京公演ご招待済。当日お越しになられなかった方へはプログラム送付済。

 

10,000円のリターン

コンサートをご希望される方へは、9月1日(金)福岡公演もしくは9月3日(日)東京公演ご招待済。

ライブ録音オリジナルCDをご希望される方へは、11月中発送予定。

スペシャルスポンサーとして、お名前を掲載。

 

15,000円のリターン

9月1日(金)福岡公演もしくは9月3日(日)東京公演特別席ご招待済。

ライブ録音オリジナルCDは、11月中発送予定。

ゴールドスポンサーとして、お名前を掲載。

 

50,000円のリターン

9月1日(金)福岡公演もしくは9月3日(日)東京公演特別SS席ご招待済。

演奏会後の交流会開催済。

ライブ録音オリジナルCDは、11月中発送予定。

プラチナスポンサーとして、お名前を掲載。

 

◆本プロジェクトへご支援いただいた皆様(順不同・敬称略)

 ◇プラチナスポンサー

橋本洋、mio、ワーナークラシックス・ジャパン、手塚雄二、Fumie Hosoi、

安江晶子、国際ソロプチミスト和歌山、MALTA、原麻里亜

 

◇ゴールドスポンサー

廣岡敏、岩城美幸、株式会社あすらぼ、飯田純、飯田佐知子、青野多賀乃、Turuhime、中平弓子、蓼沼宏一、めもり、鬼久保美帆、田靡修、宮澤哲夫、

田村斎彦、山田裕幸、サエちゃん、渡邊万里奈、井上友博、Akemi Tadenuma、

山口 代志子(福岡ジルベスターコンサート)、添田みちる、re、高関健、yki、nagasawa、Tbd Miyake、森崎照男、森崎京子、森崎れい、山田豊文、

山田信子、シマ

 

◇スペシャルスポンサー

沼田宏行、山口真一、村木茂、中島良能、FUJII、遠山敦子、

Takayoshi Wanami、殿最康子、宮澤哲夫、kandakzo、飯野明日香、

掛下まゆみ、荒井竜一、山田みゆき、市橋佳子、warumono、

Miyuki Abe Tsukamoto、Sagittariuscat、小場瀬令二、朝倉彰洋、

小野麻衣子、い か、kamayann、秋本好治