プロジェクト終了報告

2017年10月06日

大御礼!ただのあそび場目標達成、OPENに向けて準備中です

秋田県のイナカ町から始まる新たな挑戦に、135名もの方々に、目標金額を上回るご支援をいただきました。
決してすぐに結果が目に見えるわけではない「あそび」へのワクワクに、多くの方が共感してくださったこと本当に嬉しいです。
皆様ありがとうございました!

リターンは10月中に準備してお届けさせて頂きます。

 

ただのあそび場は、五城目町の中心市街地に位置する遊休施設から始まります。
十数年空きビルとなっていた建物を、地域の方々とともに、あそび場へと変えていきます。

 

「あそび人しか登れない壁」を設置する様子

 

つい先日、DIYイベント第1弾が2日間にわたり行われました。
その名も「ユカハリ&ヌリヌリ大作戦!町の遊休資産を皆であそび場に変貌させよう!」
通りすがりの小学生から、地元の親子、はたまた東京からいらしてくれた方まで、いろいろな方々が出たり入ったりしながら、終始賑やかな場。

歪んだユカにどうしたらピッタリとフローリングを張れるのか、大人が失敗しながらも試行錯誤に没頭している傍らで、子どもたちは夢中で何度も何度もボルダリングを登ったり、壁にペンキを塗ったり。

大人も子どももあそび合い学び合う、あそび場を作っている過程ですでに、夢中で没頭するあそびが起きていた。そんな2日間のDIYワークショップでした。
10月中旬〜下旬のOPENに向けて、引き続き準備を進めてまいります。

 

当日のレポートや、今後の「ただのあそび場」進捗情報は、Facebookページで更新していく予定です。
ぜひ「いいね!」していただき、プロジェクトの情報をフォローしていただけたら嬉しいです。
Facebookページ: https://www.facebook.com/TadanoAsobibaProject/

 

秋田のイナカか町らはじまるあそび場革命。
大人も子どもも没頭できるあそび場を生み出していく本プロジェクトはまだまだ始まったばかりです。
一体どんな場所になっていくのか、そしてどんなワクワクが湧き出していくのか。
まだ見ぬ世界を、皆様とご一緒につくっていけましたら嬉しいです。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

丑田俊輔、柴田ゆき