クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

アメリカ発!自閉症療育の先生を招待し自宅で指導を受けたい

ドーマン ベン&朋子(Team Lenny 代表)

ドーマン ベン&朋子(Team Lenny 代表)

アメリカ発!自閉症療育の先生を招待し自宅で指導を受けたい
支援総額
946,000

目標 600,000円

支援者
95人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
8お気に入り登録8人がお気に入りしています

終了報告を読む


8お気に入り登録8人がお気に入りしています
2016年02月19日 01:48

A Father's Voice 父の想い(和訳下)

 

Months before his birth, we named our son Leonard, my great-grandfather’s name, which means “courageous heart of a lion.” The character for the Japanese reading of his name means “lotus.” The lotus flower can only bloom in muddy water. His English and Japanese names tell the story of his life so far.

 

Just before Lenny was born I decided he would be a great communicator. I wrote and recorded a song about my feelings toward him around this time. The first lines are “Your mind is free and strong, your heart is pure.” They describe how I imagined him, and this is exactly how he is to me.

 

Lenny picked up words very early; his first was “mummy,” closely followed by “daddy.” I felt so proud. He was a very responsive baby; he held back-and-forth conversations with us in happy baby babble, he laughed with us.

 

 

I convinced myself that Lenny would become a great communicator. But things started to change.

 

Tomoko noticed it first. She told me, “he’s not pointing at objects, he’s not looking at me, I call him and he doesn’t respond.” “He’ll be fine,” I replied, not really listening or respecting how powerful a mother’s intuition is. I refused to accept this for some time.

 

 “You’re my boy, you’re my hope,” go the lines to my song, “every dream I’ve got is tied to a beautiful tree that grows and grows.”

 

The dreams I wrote about were actually my expectations. I was tied to my expectations. I expected Lenny to grow, but in a way that I felt was appropriate. I wanted him to be a great communicator, but only according to my standards.

 

As I began to gradually accept Lenny’s challenges, I felt I was carrying a great burden in my soul. It felt like I was wading through dark, sludgy mud. I couldn’t drag myself out, no matter what I tried to do.

 

Lenny, who has the courageous heart of a lion, has been strong enough to teach me that my attitude was wrong. He is living in accordance with his English name.

 

The Son-Rise Program changed everything for me. It has been like a clear, brilliant stream of water flowing through my life, cleansing me of all the mud. It helped me realize I was trying to raise the child I thought I would have. I had been pushing for him to communicate in the way I expected.

 

I had to make a decision. Would I continue to love the dream I had of my child? Or would I love and accept the child in front of me? I've chosen the second option.

 

These days, I celebrate him for who he is. I realize that by celebrating Lenny for what he can do – and not judging him for what he cannot do – I can be the best father to him.  

 

With the challenges Lenny has experienced, it seemed like he was struggling through mud. But through Son-Rise, I realize he is blooming like a beautiful lotus. He is living in accordance with his Japanese name.

 

Lenny is a great communicator. He teaches me lessons I need to learn now.

 

The last line of my song is, “I will always be here.” I will always believe in you, Lenny. You are a treasure of the world.

 

Ben

 

 

 

父の想い

蓮の本名は、Leonard (レナード) といいます。

蓮が生まれる数ヶ月前に、もう名前を決めていました。

これはもともと私の曽祖父の名前で、Leonard は「勇敢なライオンの心」という意味です。Leonard の呼び名はLen (レン)。それで日本語名を蓮(れん)にしました。蓮の花は泥沼の中から美しい花を咲かせます。

蓮の名前に、これまでの彼の人生のストーリーが、現れています。

 

蓮が生まれる前、私は蓮が素晴らしいコミュニケーション能力の持ち主になると、勝手に想像していました。

 

蓮が生まれる直前に、彼のために曲を書き、録音しました。

歌詞の冒頭部分に、

"Your mind is free and strong"(あなたの意志は自由で強い)

"Your heart is pure" (あなたの心は純粋)

とあります。

こんな風に、蓮のことを想像していました。

そして、蓮は、まさにそういう人です。

 

蓮は言葉をかなり早く話し始めました。

「ママ」が最初の言葉、そのすぐあとに「ダディ」と言い始めました。

とても誇りに思っていました。

蓮は、とても反応のいい赤ちゃんで、 嬉しそうに喃語でおしゃべりしながら、会話のキャッチボールを楽しみ、一緒にたくさん笑ってくれました。

 

蓮は素晴らしいコミュニケーション能力の持ち主になると、さらに確信していました。その後、事態は変わっていきました。

 

まず、朋子が気づき、「蓮は指差しをしない。私を見てない。名前を呼んでも、反応しない」と言いました。その時私は「大丈夫だよ」答え、彼女の言っていることを軽く聞き流しました。その時私は、母親の直感というものの凄さを知らず、彼女の発言を尊重していませんでした。しばらくの間、彼女の言ったことを、受け入れませんでした。

 

"You're my boy, you're my hope" (あなたは私の息子、私の希望)

と歌詞は続きます。

"Every dream I've got is tied to a beautiful tree that grows and grows."

(私の夢はすべて、どんどん成長していく美しい木とつながっている)

 

でも実際は「私の夢」は、私の期待でした。

私は自分の期待に縛られていました。

成長を期待していましたが、それは私が適切だと思った成長を期待していました。蓮に素晴らしいコミュニケーション能力の持ち主になってほしいと望んでいましたが、でもそれは私の基準に合ったコミュニケーションを望んでいました。

 

その後、蓮が日々困難に直面していることを受け入れはじめると、まるで大きな重荷を背負っているような、まるで自分が暗い、泥の中にいて、どんなに頑張ってもそこから出られないような気持ちになりました。

 

蓮は、勇敢なライオンの心を持った人。

私の態度が間違っていたとを教えることができるくらい、強い意志を持った人。

蓮は、英語の名前の意味のままに、生きています。

 

サンライズプログラムに出会い、すべてが変わりました。

このプログラムは、泥の中に流れ込んできて、そこにいた私を洗い流してくれた、輝く清流のようでした。

 

サンライズプログラムは、私が勝手に思い描いた理想の子どもを育てようとしていたことに、気づかせてくれました。私は、自分が勝手に期待した方法で蓮がコミュニケーションをとるよう、押し付けていました。

 

このまま自分が勝手に思い描いたイメージの息子を愛するのか?

それとも、今自分の目の前にいる息子をありのままに受け入れ、愛するのか?

私は後者を選びました。

 

サンライズプログラムに出会い、今、私はありのままの蓮の存在を、お祝いします。こちらの世界の基準で、できる、できないと判断せず、蓮がすでにやっていることをお祝いすることで、自分が彼にとって一番いい父親になれると気づいたからです。

 

蓮が直面してきた困難。彼は泥の中をあるいているかのようでした。

でもサンライズプログラムを通して、今は美しい蓮の花のように、咲いています。

蓮は、日本語の名前の意味のままに、生きています。

 

蓮は、素晴らしいコミュニケーション能力の持ち主です。

蓮は、今の私に必要な教訓を、教えてくれます。

 

"I will always be here." (わたしはずっと一緒にいる)

と歌詞は終わります。

 

私はずっと蓮を信じています。

蓮は世界の宝です。

 

ベン

 

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

サンクスメール、報告レポート

*サンクスメール
*報告レポート

支援者
46人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年8月

10,000円(税込)

サンライズプログラム共有イベント招待!

*サンクスメール
*報告レポート
*サンライズプログラムは日本でほぼ知られていないので、知りたい方向けにイベントをします。サンライズの概要と私たちの体験の共有。

支援者
38人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年9月

10,000円(税込)

イベントに来れない方には英会話レッスン!

*サンクスメール
*報告レポート
*オーストラリア人のベン50分間のフリートーク!
*さくさく日記(名古屋のお菓子)

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年8月

10,000円(税込)

スカイプ相談

*サンクスメール
*報告レポート
*サンライズプログラムと私たちの体験について、聞いてみたい方向けにスカイプでお答えします。50分間。
*さくさく日記(名古屋のお菓子)

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年9月

30,000円(税込)

イベントに来れない方には英会話レッスン!

*サンクスメール
*報告レポート
*オーストラリア人のベン50分間のフリートーク!(2回)
*ゆかり黄金缶(名古屋のお菓子)

支援者
5人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年8月

30,000円(税込)

スカイプ相談

*サンクスメール
*報告レポート
*サンライズプログラムと私たちの体験について、聞いてみたい方向けにスカイプでお答えします。50分間×2回。
*ゆかり黄金缶(名古屋のお菓子)

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年9月

プロジェクトの相談をする