(English below)

コウフマンご夫妻のストーリーには、まだ続きがあります。

 

ローンさんのお姉さんにあたるBryn(ブリン)さんの長女、Jade(ジェイド)さんも2歳の時に自閉症となり、なんと彼女もサンライズプログラムで回復しています。ですので、コウフマンご夫妻はサンライズプログラムで息子も孫も回復したという経験をお持ちなんです。

 

バリーさんとジェイドさん。ジェイドさんのサンライズプログラム初日の写真

 

これだけ聞くと、自閉症が家族で遺伝して回復したのも同じパターンだったんじゃないかと思いますよね。でもジェイドさんは養子縁組でブリンさんの娘となっているので、血縁関係は全くないんです。

 

ブリンさんとジェイドさん

 

ブリンさんは姉として弟のローンさんのサンライズプログラムに参加し、変化を目の当たりにし強く影響を受け、特別支援教育を仕事にしようと決意。その後、学校や施設などあらゆる場で特別支援教育にかかわる仕事をする中で、サンライズプログラムほど効果的で愛情に満ちたプログラムはないと実感したそうです。1990年にご両親の設立したセンターにもどり、現在はエグゼクティブディレクターとしてサンライズプログラムを教え、センターに来る家族とそのこどもたちにプログラムを実施しています。ですのでブリンさんは、弟と娘のサンライズプログラムに参加するという最強の経験の持ち主なんです。

 

ブリンさんは、以下のようにおっしゃっています。

「サンライズプログラムは私に弟を取り戻し、今は娘を取り戻してくれた」と。

そして「私のストーリーは、このプログラムで花を咲かせた子どもの姿を目の当たりにした数え切れない家族のストーリーのたったひとつにすぎません。私も、子どもの人生を転換するためにこの治療を使い、感謝の気持ちでいっぱいの多くの母親の中のひとりにすぎません。今はサンライズプログラムとアメリカ自閉症治療センターのディレクターとして、何千というご家族とその子供達を癒し、支援し、助けるというとても光栄な立場にあります。」と。

 

コウフマンご一家、本当に貴重な経験をお持ちのご家族ですよね!

 

2015年に高校を卒業したジェイドさんとご家族。

 

ジェイドさんのサンライズプログラムのビデオはこちら(その1):

 

 

(その2):

 

 

その3:

 

 

最後のビデオは、チーム全員でジェイドさんのサンライズプログラム卒業をお祝いし、かかわった全員がジェイドさんに宛てた手紙を読みあっています。その中でブリンさんは、こう言っています。

 

「あなたは私に今まで人生で全く経験したことのないものを見せてくれました。人を愛する気持ちと、それに全く見返りを求めないとはどんなものなのかということを。

 

あなたは本当に勇敢です。自分の美しい完璧な世界から出て、私のところに来てくれました。ありがとう。どんな状態にあっても、私はあなたを愛し続けたし、実際そうしました。まさにそれこそが、このプログラムの素晴らしさなんです。

 

あなたの存在は、私の人生におこった最高のことだとすでに思っていたのに、さらにもっと私に与えてくれました。私の腕の中に飛び込んできてハグしてくれた。私の顔をなでて、一緒に踊ってくれた。

 

将来、ローンもそうだったように、人に「ご両親がしてくれたことに感謝してるでしょう?」ときっと言われるようになるでしょう。私はローンがそう言われた日、両親が言ったことを覚えています。そして今日、あなたに同じ言葉を贈ります。

「それは全部私のためでした。感謝しているのは、私のほう。ギフトを与えられたのは、私でした」と。」

 

Barry Neil Kaufman オフィシャルサイト:

 

 

We continue the amazing story of Barry and Samahria Kaufman.

 

When Jade, the daughter of Raun Kaufman’s older sister Bryn, turned two, she was also diagnosed with autism and Jade also recovered through the Son-Rise Program®. So the Kaufman’s have the experience of not only seeing the recovery of their son through the Son-Rise Program but also their granddaughter. 

 

At first glance, it may seem that autism is a kind of hereditary trait in the family. But in fact, Jade is the adopted daughter of Bryn—they are not related by blood. 

 

After Bryn participated in her younger brother Raun’s Son-Rise Program and saw the changes in him with her own eyes, she decided to work in the field of special needs education. She studied and then worked in different institutions, seeing different programs in operation. Ultimately she felt that there was nothing that rivaled the effectiveness and the loving care of the Son-Rise Program. In 1990 she returned to the Autism Treatment Center of America® her parents founded and she is now Executive Director at the Center, where she teaches the Son-Rise Program to families and children who go there. She has the incredible experience of participating in the Son-Rise programs of both her brother and her daughter. 

 

Bryn has said the following: 

"The Son-Rise Program® gave me back my brother. Now, The Son-Rise Program® has given me back my daughter."

 

She also said, “Mine is just one of the countless stories of families who have seen their children blossom using this program. I am just one of the many grateful mothers who have used this treatment to transform their child’s life. Now, as the Director of The Son-Rise Program® at the Autism Treatment Center of America®, I have had the privilege of working with thousands of parents as they support, help and heal their children.”

 

Don’t you agree that the entire Kaufman family have some incredible experiences? Amazing!

 

The last video of the three videos above show Jade’s Son-Rise Program graduation party in which the participants—Jade’s parents and volunteers—read letters they wrote for Jade.  

 

Here’s some of what Bryn wrote:

“You showed my something I have never in my life experienced—what it feels like to love a person and truly require nothing in return....

 

You’ve been so brave, my darling. You’ve stepped out of a pristine and precious world and you came to me. Thank you. I would have loved you anyway you were. And I did, and that’s the beauty of it.

 

I already thought you were the best thing that ever happened to me, and then you gave me more. You hug me, and you run to my arms, you stroke my face, and you dance with me.

 

Years from now someone will say to you, as they did to Uncle Raun, ‘aren’t you so grateful for what your parents did?’ And on that day, I remember what my parents said, and what I say to you today—"It was all for me. I'm the one who is grateful. I am the one who was given the gift.”

 
新着情報一覧へ