プロジェクト概要

手のなかの武器

 

はじめまして。フリーディレクターの吉本 涼です。

今回私は、被災地を複数回訪問し、復興支援ボランティアに焦点を当てたドキュメンタリー映画を制作しました。

 

2011年3月11日。


東日本大震災を経験し、「被災地の人びとのために、何かできることをしたい。」そう考えた人も多いのではないでしょうか。当時大学4年生だった私もまた、そのひとりです。
大学時代、私は映像制作を学び、発展途上国でドキュメンタリー映画を撮っていました。震災が起きたとき、幸いにも就職先は決まっていましたが、「今やらなければいつやる!」という思いに駆られ、すべてを投げ出して被災地で取材を行うことに決めました。

しかし、「被災地でカメラを回すということは、ただの傍観者になるということではないだろうか。」生々しい光景を目の当たりにし、私は今までにないほどうろたえ、葛藤しました。
それでも、地元の人々と交流する中で、「もっと多くの人に、この現実を知ってほしい。」という言葉をいただき、「自分にもできることがあるのではないか!」と考え直しました。

 

(取材に行った際の被災地、ガレキの山がうず高く積まれていました。)

 

さまざまな支援のかたちを伝えたい

 

復興支援ボランティアというと、瓦礫撤去や泥かきなど、肉体労働をイメージする方も多いのではないでしょうか。私も実際、そのようなボランティアに参加したことがあります。
しかし震災発生から時間が経つにつれ、そういった即時的支援から、「心のケア」や「街づくり」など、後発的支援のニーズも高まってきています。スポーツを通じた地元の人々との交流や、アートワークショップの実施など、ボランティアはさまざまな形態をとるようになりました。
私は、「支援したい」と望む人、それぞれの経験やスキルを生かせる場が、今の被災地にはあると考えます。

 


 

 

連日テレビや新聞で、被災地の悲惨な現実を目の当たりにすると、行動に移すことを躊躇してしまうのは当然だと思います。しかし、その気持ちを乗り越え、多くの若者が被災地に乗り込んでいるのです。
もしあなたが、「今からでも被災地支援に関わりたい!」と思われるのであれば、今こそ、あなたにしかできないことが、必ずあります。

 

勇気の種となる挑戦の物語

 

「何かやりたい。でも何ができるかわからない…。」
まだ、自分と被災地との関わり方を見出せていない人びとへ、次の一歩を踏み出すきっかけとなりたいと思い、映画を制作しました。是非多くの人に見てもらい、次の一歩を踏み出して欲しい。ご支援、ご協力のほど、どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

 

【タイトル】 『手のなかの武器』
若者の被災地支援ボランティアに焦点を当てたドキュメンタリー映画。瓦礫撤去だけでなく、ワークショップなど、多様なボランティアを行う若者や、現地の人々の声を届けることで、個々人の支援のあり方を考える機会となってほしい。

 

【あらすじ】

2011年4月。私は始めて被災地の土を踏んだ。
私たちは一体被災地の為に何が出来るのだろう?知識も経験もない若者たち。葛藤と無力感に押しつぶされそうになる。それでも被災者への思いを表現しようとする人々がいる。瓦礫撤去、スポーツ、アートワークショップなど、多彩な活動を通して、支援の有り様を今一度問い直すボランティアドキュメンタリー。

 

【出演者】 石田亮平 三好大助 中村彬良 松田春花 櫻井文乃 加藤衛 佐伯勇樹 ほか

【上映時間】 約60分

 

 

 

公式ウェブサイト:http://tenonakanobuki.com/

 

■活動経緯
4月19日・23日:岩手県陸前高田市にて撮影
5月1日~5日:宮城県石巻市牡鹿半島にて撮影
5月26日~31:宮城県亘理町にて撮影
8月19日~23:宮城県石巻市、仙台市にて撮影
※制作ブログはコチラから
http://sinsaimovie.blog.fc2.com/

 

 

 

■引換券

READYFOR?支援者限定上映会

日時:7月半ば
場所:東京都内のレンタルスペース
規模:最低10名~最大100名程度を想定しております。
当日のプログラム:
1. 映画上映
2. 監督とボランティア経験者によるトークショー
3. 支援者を交えたディスカッションタイム

*上記の日程は予告なく変更される可能性がございます。ご了承下さい。

 

 

ドキュメンタリー映画『手のなかの武器』のDVD

皆様の大切な作品になりますようにパッケージ等も丹念に作成いたしました。

*上図は、完成イメージ図であり、デザインが多少異なる場合がございます。ご了承下さい。

編集協力/勝野 小百合

 


最新の新着情報