一昨日、ドタバタのなか東京ビックサイトに向けて発送したタイル。一筋縄ではいかなかった。今日のお昼すぎ、私が他社さんで会議をしている間に、その運送会社から会社に電話がかかってきたそう。

 

預かった伝言の内容は、

「うち(運送会社)のトラックはビックサイトには入れないので、小さなサイズのトラックに乗り換えなければならない。そうなると追加で一万五千円でかかる。もし払わないのであれば、岐阜に荷物を戻しかない。」というのです。

 

えええ!??なぜビックサイトに入れないの?そしてなぜそれを先にいってくれなかったの?という気持ち。(会議中なので直接抗議の電話できず)

 

そんな状況で、はいそうですかと一万五千円は払いたくないし、荷物を岐阜に戻されたら何も展示するものがなくなって困る。。。

 

小さい脳で必死に考えて、一旦、東京の家の住所に荷物の送り先を変更。そして、明日レンタカーを借りて搬入することに。(本来なら、ブースの前まで荷物を運んでおいてもらえるはずだったのに・・・!)


そんなトラブルってあるんですね。(涙)

 

明日は肉体労働になりそうです!

 

この「搬入」という作業は、大変な労力がいるだってこと、忘れてました。しっかり荷物を運んで展示するという作業、侮れません。また一つ、展示会へのノウハウを得ました(笑)

 

なにもかももっと早め早めに動くことですね(ここが一番の大反省)

 

昨日慌てて目地詰めした桜モチーフタイル、無事固まっていました。この作品は、これからスーツケースにいれて東京に運びたいと思います。

 

いざ、東京へ!明日は首都高速走りますぜ!

新着情報一覧へ