皆さんこんばんは!Timofee運営部です。今回は1年生の企画・渉外を担当する小林天平、企画を担当する野阪綾音、SNS・渉外を担当する林大夢を紹介します。

 

・小林天平

東ティモールは独立してからわずかな時間しか経っておらず、まだ発展途上です。

しかし、これからの東ティモールの国づくりを担う若者たちは、熱意に溢れています。

そんな東ティモールから来日する学生人の日本での経験が充実したものとなるように彼らにぴったりのプランを考えています。

 

僕は、東ティモールについては、高校の世界史の授業で2002年に独立したことしか知りませんでした。S.A.L.に入部してTimofeeというプロジェクトを知り、東ティモールを知る良い機会だと思い、このプロジェクトに参加することにしました。先輩方が活動しているのを見ていると感心させられることが沢山あります。企業に協賛を交渉したり、クラウドファンディングを行なったり、学生にもかかわらず社会人がするようなことをこなしているのです。自分も少しでも役立てたらと思います。

 

また、僕は来日する学生の1人である、エスとのコンタクトを担当しています。彼は医学部生で、将来は医者になって、地域の人と協力して東ティモールの人々が健康な生活を送られるようにしたいと言っています。そんな彼の夢を実現させる助けとなれればと思い、実際に医療が行われている現場への訪問も予定しています。

彼から東ティモールのこと、また、彼が日本で感じたことを聞けるのを楽しみにしています。

 

  • 野阪綾音                              東ティモールは独立して今年で16年目と若い国でまだまだ発展しはじめの国です。                                 東ティモールの学生たちと協力してお互いの国の未来を考えていきたいです。

 

  • 林大夢                               東ティモールという国の名前を知っている人、名前は知っていてもどこにあるか知らない人は多いと思います。僕もそうでした。そんななじみのないこの国の平均年齢はなんと18歳、自分と同年代の人々が国を引っ張ろうとしているのです。「そんな彼らの力になれるのでは」と僕は思い、このプロジェクトに参加させてもらいました。                       東ティモールの学生が日本で多くのことを学べるようにと、東ティモールに行った経験はないながらも自分なりにできることを今、頑張っています。   ただそれだけではなく、東ティモールのバイタリティーあふれる学生から多くのことを学んで、東ティモール、日本どちらの学生にとってもこのプロジェクトをやってよかったと思えるような充実したものにしたいと思います。

クラウドファンディング終了まであと2日です。このプロジェクトを成功させるためにはまだまだ皆さんのご協力が必要です。

引き続き力強いご支援・応援をよろしくお願いします!!!