READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

山形庄内で東北初「東電テレビ会議49時間の記録」を上映します

村田則子

村田則子

山形庄内で東北初「東電テレビ会議49時間の記録」を上映します

支援総額

295,000

目標金額 280,000円

支援者
34人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
4お気に入り登録4人がお気に入りしています

4お気に入り登録4人がお気に入りしています
2014年02月09日 10:04

応募経緯と資金の用途について

READYFOR?に応募した経緯と調達した資金の用途を、遅ればせながら、説明させていただきます

 

この費用は主に東京から二人のゲストの招聘費用と商業劇場であるまちキネの使用料として使わせて頂きます。。入場料は、約4時間の映画上映と30分から45分間の講師によるトークで1500円です。

招聘費用は、講師の交通費(羽田ー庄内間の一往復分:37540円)、講師料、宿泊代、食事代などを入れると約150.000円、会場使用料、映像使用料などを合わせると支出は約25万円になります。入場料(75名分)の差し引きは14万円の赤字です。

従って28万円の目標額に対して手数料を差し引いて実際に使える金額は23万円です。その中からご支援を頂いた皆様、34名の方に引換券として使う金額が約35.000円から40.000円です(最終金額は計算中)。4万円として残り19万円、赤字補填に9万を使わせて頂くと10万円の差額が出ます。今回最終的に収支を確認したあと、その残高はOurPlanetTV(今回の映像を提供していただく非営利団体)に寄付させて頂きます。

 

 

ご支援をお願いするにあたり、ゲストの招聘費用と会場使用料である旨について説明が充分でなかったことを心よりお詫び致します。皆様から頂いた貴重なご寄付を大切に使わせて頂き、上映会終了後はきちんと会計報告させて頂きます。

 

東日本大震災と福島原発事故から、来月で丸3年。忘れかけてはいないでしょうか? 私たちがその真実に少しでも向き合って、映画制作に関わった二人から直接話を伺う機会をぜひ多くの方々と共有したいと考えております。

 

 

説明が不十分だったことを重ねてお詫び申し上げます。そして多くの皆様のご支援とご協力に深く感謝致します。本当にありがとうございました。

一覧に戻る

リターン

3,000

①お礼メールの送付
②11月30日に行われた講演「木村英昭さんの話を聞く会」時の配布資料冊子

支援者
23人
在庫数
制限なし

10,000

①、②に加えて、
③庄内協同ファーム「うすきり餅」1つ
④「メディアを作る ー 小さな声を伝えるために」
 白石草著(岩波ブックレット)

支援者
7人
在庫数
制限なし

20,000

①~④に加えて、
➄朝日新聞記者 木村英昭氏著書 1冊
(以下のうちからいずれか1冊
・「プロメテウスの罠 1巻」
・「プロメテウスの罠 2巻」
・「官邸の100時間」)
※選択時に、応援コメント欄でいずれの著書を希望されるか記載ください。それぞれ最大5冊の在庫で、先着順にお選びいただきます。希望が集中した場合ご希望に添えない場合があります。

支援者
3人
在庫数
7

30,000

①~④に加え、
➄朝日新聞記者 木村英昭氏著書の3冊セット
・「プロメテウスの罠 1巻」
・「プロメテウスの罠 2巻」
・「官邸の100時間」

⑥・⑦のどちらかをお送ります。選択時に、応援コメント欄でどちらをを希望されるか記載ください。
⑥『東電テレビ会議49時間の記録』鶴岡自主上映会(2月15日)入場券2枚
(会場:鶴岡まちなかキネマ)
⑦小野寺農園 有機無農薬米 つや姫 5kg

支援者
3人
在庫数
完売

プロジェクトの相談をする