READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

アートをより身近に。東京・西尾久にアート×食堂を開きたい。

アートをより身近に。東京・西尾久にアート×食堂を開きたい。

支援総額

1,575,000

目標金額 1,500,000円

支援者
87人
募集終了日
2019年12月23日
プロジェクトは成立しました!
3お気に入り登録3人がお気に入りしています

3お気に入り登録3人がお気に入りしています
2019年11月30日 00:24

大人になるということ(2)

 みなさま、こんばんは。

 今日は久しぶりの秋晴れで、荒川の土手からの景色がとても気持ちよかったです。

 

 そのいっぽう酒田にいる母からは、初雪の報せが写真で送られて来ました!11月も明日で最後。これからいよいよ冬本番といった雰囲気です。

 

 

 先週の土曜日、たまたま吉祥寺で妹とご飯を食べることになり、お店をどうしようかと困りました。土曜の夜の吉祥寺ですから、いい店はだいたいいっぱいです。そこで、以前に前を通りかかってなんとなく気になっていた、五日市街道沿いの鄙びた居酒屋に行ってみることにしました。あそこなら駅から遠いしそんなに混まないだろうという読みがあたって、先客はおらず、かえって拍子抜けしてしまったほどです。これでこそ居酒屋という渋い造りの内装は、明らかに古い大工の仕事です。

 

 タピオカミルクティーもここのところの冷え込みでいよいよホットになったそうですが、木枯らしの吹く夜はやっぱり熱燗です。つまみに何か塩辛いものをと壁のメニューを眺めて、「焼きたらこ」の文字が目に止まりました。居酒屋メニューとしての「焼きたらこ」は、たしかに珍しくはないけれど、あまり頻繁に目にするものでもない気もします。マイナーではないけれど定番でもない。おつまみとしては、「あー、そういえばその手もあったなー」という感じ。

 

 しばらくして、焼きたらこがまるまる一本出てきました。一切れで茶碗一杯の白ご飯という慣れた配分に比べたら、妹と二人で一本、一人で半分もたらこを食べることにちょっとした背徳感さえ感じてしまったのは、貧乏な考えでしょうか。焼きたらこを一本まるまる、しかも白ご飯でなくしてお酒相手にというのは、なんだか私を贅沢な気分にさせてくれました。

 

 

 私の両親は共働きだったので、18歳で上京するまで、基本的に食事を作ってくれたのは祖母です。我が家では、焼きたらこはたまに朝ごはんの食卓にテイクフリーで置かれているメニューという印象でした。たらこ以外にも梅干しとか、漬物とか、そういうしょっぱいご飯のおかずは、ひと粒なりひと切れなりを、ちょっとずつかじっては白米を食べ、というのがだいたいの人のやり方でしょう。

 

 でも実はそれって、大人に教えられて少しずつできるようになったことなのではないでしょうか?小さい子供を見ると、たとえばカレーライスを食べるとき、最初からカレーとライスをぐちゃぐちゃにかき混ぜてから食べてませんか?逆に大人がそうやっているのを見たら、子供っぽい食べ方をする人だなと思ってしまうでしょう。

 

 私がまだ小さかった頃、たらこを使ったおばあちゃんのスペシャルメニューがありました。祖母は特にそのスペシャルメニューに名前をつけたりしませんでしたし、それを「メニュー」だとさえ思っていなかったでしょうが、ここでは仮に「たらこご飯」と呼びます。

 

 作り方は簡単です。まず、たらこを焼いて適当な大きさに切り分けます。茶碗に白ご飯をよそって、その上に、ひと切れのたらこを指でほぐしながらふりかけたら出来上がり。美味しさのポイントは、たらこを手でほぐしながらふりかけるのは食べるひとの目の前でやることです。台所で隠れてやったのを食卓に出したのでは味気ないです。

 

 

 私が憶えている中で、いちばん最初の「美味しい!」という体験は、たぶんこのおばあちゃんの「たらこご飯」です。子供ながらに、おんなじものなのにそのまま食べるよりもおばあちゃんがご飯にかけてくれた方が美味しいのはなんでだろうと、魔法のように思った記憶があります。料理研究家の土井善晴さんが、かつてNHKの『きょうの料理』で「おにぎり」を披露したというのはいまでは伝説的なエピソードですが、家庭料理がひとがひとのためにする料理だとするなら、そのひとつの究極の姿を、私は祖母の「たらこご飯」に見る気がします。

一覧に戻る

リターン

5,000

《ご来店可能な方向け》お得なドリンクチケット×10枚コース

■ドリンクチケット×10枚ご送付
1枚につきワンドリンクサービス券を10枚綴りで差し上げます。ソフトドリンク or アルコールどちらでも可。

※有効期限は発行より1年以内です。
※アルコールドリンクとの引き換えは20歳以上の方のみ可能です。

■お礼のメッセージ

支援者
38人
在庫数
完売
発送予定
2020年2月

5,000

《ご来店可能な方向け》支援者様限定!内覧会ご招待コース

■支援者様限定・内覧会ご招待
支援してくださった方は、2020年に行われる展示をオープニング前にご覧いただけます。

※初回は2020年2月を予定しています。日時等詳細は後日ご相談となります。
※交通費は別途ご負担いただきます。

■お礼のメッセージ

支援者
7人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年2月

10,000

《遠方の方向け》オリジナルトートバッグプレゼントコース

■オリジナルトートバッグご送付
今回のために特別に制作した LAVENDER OPENER CHAIR オリジナルトートバッグを郵送させて頂きます。

■お礼のメッセージ

支援者
14人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年2月

10,000

《ご来店可能な方向け》食堂常連に!ボトルキープコース

■食堂ボトルキープ権
支援して下さった方のお名前で食堂にボトルキープをさせて頂きます。

■お礼のメッセージ

支援者
10人
在庫数
3
発送予定
2020年2月

20,000

《遠方の方向け》2020年展覧会カタログプレゼントコース

■2020年展覧会カタログご送付
2020年に私たちのギャラリーで行われる展覧会カタログを、それぞれの展覧会ごとに1冊ずつ無料でお届けします。(年間9展覧会程度を予定しています)

■お礼のメッセージ

支援者
4人
在庫数
16
発送予定
2020年3月

20,000

《遠方の方向け》美味しいご飯のお供セットプレゼントコース

■美味しいご飯のお供セットご送付
ご飯のお供セットを郵送させて頂きます。

※消費期限等別途個別でご連絡いたしますので、ご注意ください。

■お礼のメッセージ

支援者
3人
在庫数
16
発送予定
2020年2月

30,000

《ご来店可能な方向け》支援者様限定!試食会ご招待コース

■支援者様限定・オープン前特別試食会ご招待
食堂のオープン前に、実際のメニューを試食して頂ける機会にご招待させて頂きます。

※2020年2月を予定しています。日時等詳細は決まり次第ご連絡させていただきます。
※交通費は別途ご負担いただきます。

■お礼のメッセージ

■もしご希望があればお店のどこかにお名前を掲載させて頂きます

支援者
6人
在庫数
14
発送予定
2020年2月

50,000

《遠方の方向け》手作り食器プレゼントコース

■手作り食器ご送付
食堂灯明の名前入りの手作り食器を郵送させて頂きます。

■感謝のお手紙ご送付
支援してくださった方に、私達からお礼のお手紙を書かせて頂きます。

■もしご希望があればお店のどこかにお名前を掲載させて頂きます


支援者
2人
在庫数
3
発送予定
2020年3月

50,000

《ご来店可能な方向け》スペシャルディナーご招待コース

■スペシャルディナーご招待
支援してくださった方に、ペアでスペシャルディナーにご招待させて頂きます。

※ご来店の1週間以上前にご予約をお願いします。特別コースをご用意させていただきます。
※交通費は別途ご負担いただきます。
※有効期限は発行より1年以内です。

■感謝のお手紙ご送付
支援してくださった方に、私達からお礼のお手紙を書かせて頂きます。

■もしご希望があればお店のどこかにお名前を掲載させて頂きます

支援者
3人
在庫数
2
発送予定
2020年3月

100,000

《スペース利用者向け》ギャラリースペース1日貸切コース

■ギャラリースペース1日貸切券
支援してくださった方には、営業時間内で1日スペース全体を貸切で自由に使って頂ける権利を差し上げます。

※作品の展示は行いません。
※有効期限は発行より1年以内です。
※貸切日程は後日ご相談となります。

■感謝のお手紙ご送付
支援してくださった方に、私達からお礼のお手紙を書かせて頂きます。

■もしご希望があればお店のどこかにお名前を掲載させて頂きます

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年3月

プロジェクトの相談をする