こんにちは!こんばんは!
お久しぶりです!シバメンのひろぽんです!


今日はリターン品の『大山おいしいもんセット』の中身についてご紹介したいと思います!


大山おいしいもんセットの中身はほとんど、僕もお手伝いしている國吉農園」の美味しいお野菜たちです!
(先日は玉ねぎやにんにくの収穫なんかをしてきました!)

 

 

 


送るのは7月の旬のお野菜!

トウモロコシや玉ねぎ、にんにく、白ネギ、各種夏野菜を予定しています。
※一度に大量に出荷するのが難しいので、週に分けて順次発送を予定しています。

 

 

 

 

ところで、なんで大山の野菜は美味しいんでしょうか?
大山の野菜が美味しい理由は3つ

・野菜を育む「黒ボク土」

・雄大なブナ林から生まれる「水」

・大山のふもとで暮らす農家による「人の手」

 

 

 

 

・野菜を育む「黒ボク土」

 


休火山である大山由来の黒ボク土は、ミネラル豊富で粒子が細かいという特徴があります。
ミネラル豊富な土は野菜の成長に有用で、自然栽培に向いています。
また、物理性に優れ、通気性・水はけが良いのも野菜にとって良いです。

 

 

 

・雄大なブナ林から生まれる「水」

 

 

大山にあるブナ林は人の手が入っていない原生林です。

ここから生み出される水はサントリーの天然水でも使われるほど美味しく、ミネラルを多く含む軟水です。

野菜の体はミネラルと水からできており、水も重要な要素となります。

(関連記事:【森と水の学校開校】「ブナの木は、とても水を蓄える。」は都市伝説?!

 

 

 

・大山のふもとで暮らす農家による「人の手」

 

 

僕もお手伝いさせてもらっている「國吉農園」は野菜を愛し、美味しい野菜を作りたいとの想いを持って野菜作りをしています。

國吉農園では美味しい野菜をつくるために

 

有機肥料も農薬もつかわない「自然栽培」

有機肥料のみを使う「有機栽培」

農薬を使わない「無農薬栽培」

従来通りの「慣行栽培」

 

など、大山の土地と各野菜の相性によって栽培方法を使い分けています!

従来通りに作るよりも手がかかるものもありますが、その分美味しさのギュッと詰まった野菜たちになっています!

 

ちなみにこんな感じで作業してます!

 

 

動画で使ってるコレがタイトルの「三角ホー」


掘ってよし・盛ってよし・刈ってよしの三角ホー

 

 

これを機に大山をまるっと味わってもらえると嬉しいです!

 

どんな風に野菜を育ててるか詳しくは後日更新記事にて!

 

 

 

達成に向けてガシガシ頑張っていくので、みなさん応援・シェアよろしくお願いします!!!!!

新着情報一覧へ