こんばんは。トマシバメンバーの芝農家山上です。

残り日数が少なくなって来ましたが、ここに来てものすごい勢いでご支援頂いています。

本当にありがとうございます。

 

 

最初はマーシーとの何気ない話から始まったこの企画。

トマシバメンバーが集まっていき、今では160名以上の方からご支援頂いています。

小さなところから大きな広がりへ向かっていることが実感できて、とても嬉しく思います。

皆さんの気持ちを台無しにしないように、しっかりと支援の輪を広げて実現させたいと思います。

 

ご支援頂いた方から何のためにやる事業なのかが掴みにくいというお声を頂いたので、トマシバをスタートさせる目的を詳しくお話したいと思います。

 

 

トマシバスタートに踏み切ったきっかけは、

 

1 トマシバメンバーがここの芝生や大山の風景が好きだから、それをより多くの人に知ってもらいたい。

 

2 マーシーが観光やイベントを通して行ったアンケートで芝生の満足度がかなり高い。

 

3 大山町なら農業が立派な観光資源として活用できるが、それを実現しているところがあまりない。

 

というのが主な理由です。

 

その中でも3については、それを法律が遮っています。

 

 

観光で活かせる農業といえば観光農園が真っ先に思い浮かびますが、正確には観光農園は農地ではありません。

 

農地法という法律があり、農地を農業以外に使用するには全て農地転用が必要な許可制なのです。

違反すると罰則があります。

 

観光農園といえば農家が育てた作物をお客様が摘み取り食べてもらうというものが一般的です。

 

同じイチゴでも

お金を出してスーパーなどで買って食べるイチゴは農地で作られ、

お金を出してハウスで摘み取って食べるイチゴは転用された農地以外の地目で栽培されます。

 

農地法がこんなに縛りがきつい理由は、産業廃棄物の投棄などに悪用されないためです。

その為に、農業を行っていても同じ土地で農作業以外のことを制限されます。

せっかく観光で活かせると考えても観光農園にするだけで地目変更しなくてはならないのです。

観光と別で通常の出荷作業を行っていても同じことです。

 

 

数年前からソーラー発電が人気です。

 

地方に溢れている耕作放棄地にパネルを置けば、土地の有効活用ができそうですが、当時はそれも出来ませんでした。

しかし人気が高まり現在は規制が少し緩んできて、パネルの下の作物に一部縛りがありますが一時転用という形で両立出来るようになりました。

 

せっかく使われていない農地があっても有効活用するのに農地法のせいで農業以外に使用するには転用する他は活かせません。

 

 

農家の後継者が増えないのも、そういった自由度の低さが関係しているとさえ感じます。

 

 

 

トマシバはそこを変えていきたいと考えています。

 

 

トマシバは現状では地目上で農地ではない場所にハウスを建てなければなりません。

 

 

それを最終的にどこの農地でも泊まれるようにしたい。

 

 

ラッキーなことにやまがみ農園には農地法の対象外となるいい場所があります。

 

 

しかし、他の農家にはおそらく転用する他に選択肢がありません。

 

 

トマシバを通して農業が観光で十分に活かせることを証明し、この規制を本気で緩めていきたいと考えています。

 

いえ、緩まなくても観光で活かせるようにすれば良いのです。

 

 

地方が都市に対抗できる魅力は、農業というオリジナリティーを活かすのが一番だと思います。

 

 

用意された観光地はすでにたくさんありますが、リアルな農業を間近で見られる場所はこの法律があるので無いといって等しいです。

 

 

海外にはそういった体験ができる農泊が多数存在します。

 

世界でも優秀な農業大国の日本に、日常的に農業に触れられる場所が少ないのはおかしい。

 

 

農業だけではなく、1次産業全体がもっと魅力をアピールする必要があるのでは無いでしょうか。

 

 

そういう意味で一番芝生を魅力的に感じてもらえる仕組みを考えました。

 

それがトマシバ。

 

皆様の声をいただきながらもっと精査して魅力的に一次産業と大山の魅力を発信できる場所にしたいと思います。

 

 

さらにトマシバメンバーを中心にコワーキングスペースを作り、トマシバ運営と提供できるサービスを増やしていきます。

 

 

フリーランスファーマー達が自分で考えたサービスで皆様をおもてなしするのです。

 

そうやって地域に根付いたサービス作りで腕を磨き、自分の居場所を作っていく。

 

トマシバはその始まりの場所でもあります。

 

訪れる人にも、おもてなしする人にも、地域に住む人にもメリットがあるサービスを目指します。

 

 

トマシバを通して、大山町へ訪れる人も就農する人も自分の好きなことを仕事にする人も増やしていきたいと思います。

 

 

そのために全力でスタートさせますので、引き続き応援よろしくお願い申し上げます。

新着情報一覧へ