これまでに3回の事前調査を行ったが、最初はなんの当てもなく北海道やカンボジアのJICAで得た情報やつないでもらった人脈を頼りに、シェムリアップを歩き回った。
しかし一番期待していたアプラサ機構の日本人技師H氏はちょうど任期を終え、日本に帰るところだった。

 

つづく

 

撮影:横田岳史

 

【毎日更新!見て知って感じてクラウドファンディング】残り41日
カンボジアの水を環境保全型人工湿地できれいにしたい
READYFORでクラウドファンディング(成立条件150万円以上)
https://readyfor.jp/projects/tonlesap

 

新着情報一覧へ