瓢箪から駒なんてことわざにもあるように、物事は思いもよらないところから好転した。
尊敬する孤児院の日本人運営者から、日本人では初のシェムリアップ在住者となる現地の旅行代理店経営者、そしてトンレサップ湖の淡水魚を調査する日本人研究者を紹介してもらえたのだ。

 

つづく

 

撮影:横田岳史

 

【毎日更新!見て知って感じてクラウドファンディング】残り37日
カンボジアの水を環境保全型人工湿地できれいにしたい
READYFORでクラウドファンディング(成立条件150万円以上)
https://readyfor.jp/projects/tonlesap

 

 

 

新着情報一覧へ