本日は、一緒に浮世絵の展示会をやってる牧野美和さんから

応援コメントを頂きました!

 

*****

「浮世絵って、日本の文化や技術って、なんてすごいんだー!」

浮世絵からそんな衝撃を受け、どっぷりとその魅力にはまったことから、
14代目とのご縁をいただき、店内資料室の浮世絵展示をはじめ
様々な取り組みにご一緒させていただいています。

どうしたら浮世絵に描かれた文化を楽しく伝えられるか、
常に 真剣に、まっすぐに、楽しみながらお話される14代目。
日々日々思うのは、その想いは浮世絵に限らず
すべてに一貫しているということ。

どんなに大変なことでも、自らが楽しみ、
場を共有した皆さんにも「楽しい」と感じてもらえることが
未来につながっていくという信念。

宿場文化や茅葺き技術の伝承が減少傾向にあるのを目の当たりにするなかで、
浮世絵に描かれた“東海道 丸子宿”のシンボル・茅葺き屋根の丁子屋として、
今を生きる自分にできることをしたいと願う情熱。

今回のクラウドファンディングへのチャレンジも
そこに尽きるのだと思います。

421年続く、超・老舗の若大将が
一大決心で挑むこのチャレンジ。

支援というお金の流れだけではなく、
この挑戦を目にしたすべての人たちの中に14代目の、
茅葺き伝承への、宿場文化への、東海道への、そして丁子屋への“想い” が
生き続けると信じています。

やるなぁ、 14代目!
私も共に未来をつくります!

 

牧野さん、ありがとうございます!

"どうしたら浮世絵に描かれた文化を楽しく伝えられるか"

これからも一緒に突き詰めていきましょう!

 

 

 

新着情報一覧へ