作品に花などを添え始めたのは、庭のニラの花がきっかけでした。

ああ、花を生けるなんて簡単なんだな〜。華道などをなさっておられる方からはお叱りをうけてしまいますが、私の作品には妙に似合うんですよ。モノトーンの作品だから花の色、葉っぱの色、茎の色、綺麗に見える。手前味噌ですみません。

作家として大事にしている事は独創性。習い事も素敵なことですが、先生の感性や決まり事に縛られ過ぎては見失ってしまうかもしれません。独創性は大袈裟なものでもなく、見つけるヒントはそこら中の道ばたにも転がっていたんだなと思っています。

 

新着情報一覧へ