今日も見ていただきありがとうございます。

今回は作品を作るきっかけになった木の魅力をご紹介したいと思います。

山から切り出された木は薪にする場合短く切り分けます。いわゆる玉切りです。それを細かく割り、積み上げて乾燥させると薪になります。生木のうちに割るほうが楽だと言われています。私の場合、横着者なので後回しにしてしまいました。いざ割ろうと木を見ると、すでに乾燥が進み中心から放射状に割れが入っていたんです。少しだけなんですが何故か気になって悪戯心でバーナーで焼いてみました。割れは大きくなり、見えなかった小さなひびもはっきりと姿を現しました。その美しさに心ときめきました。自然は突然に心躍らせてくれるんですね、

それからはひたすらに何回も繰り返していました。

木の魅力は私よりももっと多くを知っておられる方がいるでしょう。でも、この魅力の発見は私だけのものと信じていたいんです。

 

引き続きご支援よろしくお願いいたします。

 

新着情報一覧へ