プロジェクト概要

 

保健所や保護施設でペットを譲渡していく流れをつくり、
殺処分ゼロを叶えたい!

 

初めまして、望月翼と申します。私は小さい時から生き物が大好きで色々な動物、昆虫を飼ったりしてその時から動物園の飼育員になる!とか昆虫博士になりたいと言っているほど生き物が大好きでした。高校進学後、将来どんな仕事に就こうか改めて考えていたときに出会ったのが、ドッグトレーナーという仕事でした。

 

ドッグトレーナーというのはご家庭で飼われている犬の問題行動(吠えグセや噛み癖)があるようなわんちゃん達のしつけをする仕事です。高校2年生の時、小さい時から好きだった動物と一緒に仕事をしていきたいと思い、大阪にある動物専門学校へ進学しました。犬に関わらず動物に関する知識を学び、独立した現在では年内に保護犬猫カフェを開業するために準備を進めています。

 

 

 

個人でドッグトレーナーを始めてから生まれた、
殺処分0計画に貢献したいという強い想いの芽生え

 

私が最初この殺処分の問題を深く知ったのは動物専門学校に入る少し前のことでした。 その時はかわいそうだな、殺処分が無くなればいいなぁと考えているだけでした。僕は犬が好きで昔から体を動かすことも好きだったので、そこから大阪動物専門学校にてドッグトレーナーコースを選び入学することになります。

 

2年間で躾のことを学び、ドッグトレーナーの重要さ・楽しさを知り、奈良県にあるドッグスクールに就職し、約1年半たくさんのことを学ばせていただきました。退社後、まずドッグトレーナーに限らず動物業界の仕事ってどんなのがあるのかを色々知ろうと思い、ネットや実際話を聞きに行ったりしました。 そこで出会ったのは保護犬猫カフェ。働いているスタッフやボランティアの話を聞いているうちに自分も殺処分0計画に貢献したいと強く思うようになりました。

 

ワンちゃん・猫ちゃんへの躾を専門に扱うトレーナーです!

 

どんな人でも殺処分0を強く願い貢献したいと思えば

誰でも殺処分問題と向き合える

 

そこで自分にできることを考えた結果、保護施設や保健所で飼い主を探している犬猫達の存在を日本全国に広める活動をしようと思いました。

 

保護犬猫カフェで働いている人たちの話を聞いている中で印象に残っているのは、ブリーダーとしての役割が終わったわんちゃん達はこういう施設や最悪、保健所に連れて行かれるという話は残酷でとても悲しい現実です。悪徳ブリーダーの存在や、飼い主の知識不足、ペットショップの生体販売などによって、年間8万を超える犬猫たちが殺処分されています。

 

しかし、実際に足を運んでみて保護施設などにいる犬猫達は新しい飼い主、家族を求め毎日優しいスタッフのもとたくさんの犬猫達と暮らしています。スタッフも新しい飼い主が見つかるように、日々のケア、体調管理などしっかり行っています。一方で、保健所や保護施設はボランティアでやっている人が多い状態で人手不足のところが多く、そういった現状は多くの方々は知りません。

 

保健所や保健施設で新しい飼い主を待っている犬猫ちゃんたちがいます。

 

皆様からのご支援でHP作成、犬猫達を綺麗に撮影するための撮影機材を購入し、殺処分問題を日本全国の人に伝えます!!

 

日本ではペットショップから犬猫を飼うというのが主流ですが、今回のプロジェクトでは現状を日本全国に人たちに伝え、ペットを保健所や保護施設で譲渡することを主流に変えていきたいとおもっています。そのため、現在保護犬猫カフェを年内に開業を目標としてこちらの方も準備を進めています。

 

今回のプロジェクトでは皆様からのご支援をいただいて、ホームページを作り、撮影機材を購入し、飼い主を求めている犬猫の達がいる保護施設、保健所にいくための交通費などに使用させていただきます。

 

飼いきれなくなってしまって手放される犬猫ちゃんたちがいます。

 

保護施設や保健所の紹介をかねて映像を作り、もっと保護犬猫の生活を見てもらえるように、作成したホームページなどで今の現状を広めていきたいと思っています。また、これから犬猫を飼っていくような若い世代にとっても受容しやすいSNSなどの媒体を通して、犬を飼う時はペットショップではなく保護施設や保健所などに足を運んでもらえるような流れを少しずつカタチにしていきたいと考えています。

 

以前に比べて保護犬猫たちを取り巻く課題について知っている人は増えてきていると思います。しかし、まだまだ身近にある保護施設や保健所の存在を知らない方も多く存在すると感じたので、今回のプロジェクトを立てることになりました。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

小さな一歩かもしれませんが、どうか応援をお願いいたします!

 


最新の新着情報