はじめまして。埼玉県内唯一の公立盲学校、埼玉県立特別支援学校塙保己一学園PTA会長の桂田真紀江と申します。視覚障害のある子どもたちにとって道しるべとなる大切な点字ブロックが自転車等でふさがれている現状をなんとか改善しようと、2010年にPTA活動として、駅街頭での点字ブロック理解推進キャンペーンをはじめました。PTAでは、点字ブロックの一層の理解推進のためキャンペーンマスコットとして手作りで着ぐるみを製作しましたが、素人ではうまくつくれず、校外での使用に耐えない状況です。

会員数わずかの盲学校PTAでは製作会社に発注するための製作費用が捻出できません。ご支援、よろしくお願いいたします。
新着情報一覧へ