プロジェクト概要

皆様の温かいご支援により、プロジェクト開始から15日目で目標額を達成することができました。

 

啓発活動を効果的に進めるためのキャンペーンマスコットの着ぐるみをこの世に誕生させることが可能となりました。心から感謝申し上げ毛ます。これによって、特に、将来を担う子どもたちの心の中に、ごく自然な形で『点字ブロックはふさいじゃいけないんだよ』という優しい心を育てていけると確信しております。 そして、この『白杖の妖精 つえぽん』が視覚障害者の歩行の安全を守る象徴として、多くの日本人が本来もっている弱者への優しい気持ちを引き出していってくれるものと期待をしております。


今後の点字ブロック啓発活動を全国的に推進していくために、『つえぽん』の着ぐるみを複数体製作するための新たな目標額を120万円としました。引き続き皆様のご支援をお願い申し上げます。

 

ーーー

 

点字ブロックの上に自転車や荷物などがあると、多くの視覚障害者が困ります。点字ブロックの意味を理解してもらうためにキャンペーンを効果的に進められるマスコットキャラクター「つえぽん」を製作します。

 

はじめまして。埼玉県内唯一の公立盲学校、埼玉県立特別支援学校塙保己一学園PTA会長の桂田真紀江と申します。視覚障害のある子どもたちにとって道しるべとなる大切な点字ブロックが自転車等でふさがれている現状をなんとか改善しようと、2010年にPTA活動として、駅街頭での点字ブロック理解推進キャンペーンをはじめました。PTAでは、点字ブロックの一層の理解推進のためキャンペーンマスコットとして手作りで着ぐるみを製作しましたが、素人ではうまくつくれず、校外での使用に耐えない状況です。

 

会員数わずかの盲学校PTAでは製作会社に発注するための製作費用が捻出できません。ご支援、よろしくお願いいたします。

 

(大切な点字ブロックが心ない人の自転車でふさがれています。1台だけでもよけると方向を見失うことがあります。この台数では…。)

 

マスコットキャラクター(白杖の妖精 つえぽん)を作り、点字ブロックの上に物を置かないように若年層も対象に効果的に呼びかけたい

 

これまでに19回、約6万人の方々に手作りメッセージ入りティッシュやメッセージ入り煎餅、手作りメッセージ入りうちわを配布して点字ブロックの重要性を呼びかけてきました。この活動は、NHKはじめ地元テレビや新聞各紙で70回ほど紹介されました。この活動が評価され、2011年度には優良PTAとして文部科学大臣表彰も受けました。盲学校PTAとしての点字ブロック理解推進キャンペーンを今後さらに効果的に進めていけるように、特に未来を担う子どもたちや若者への効果的な啓発をねらってキャンペーンマスコット(着ぐるみ)を製作し、関東甲信越地区盲学校長会や全国盲学校長会、関東甲信越地区盲学校PTA連合会や全国盲学校PTA連合会とも連携しながら、キャンペーンマスコットとともにこの活動を全国展開していきたいと考えています。マスコットは本校保護者考案の視覚に障害のある子どもたちの歩行の安全を守る『白杖の妖精 つえぽん』です。すでにイラスト化してパペット人形や縫いぐるみを製作してあり、2014年8月3日の東京新聞埼玉中央版で啓発活動の記事とともにカラー写真で紹介されました。つえぽんのフェイスブックページもtsueponとして立ち上げて活動しています。

 

(『点字ブロックをふさがないで』の手作りメッセージが入ったポケットティッシュを心を込めて手渡します。)

 

キャンペーンマスコットがあることで子どもや若者の注意を引くことができるのでは?

 

点字ブロックキャンペーンは点字ブロックが荷物や自転車などでふさがれない社会環境をつくりたいというのがそもそものきっかけで、様々なアイデアで効果的に訴えられるキャンペーン活動を工夫して推進してきました。昨今、世間では各地のゆるキャラが活躍し、社会に訴えかける力が大きいことがわかりました。そこで、点字ブロック理解推進を担うべく話せるキャンペーンマスコット(着ぐるみ)を登場させることにより、将来を担う子どもたちや若者に対する啓発の影響力が大きく期待できるのではとPTAのお母さん方から話が持ち上がったのがきっかけです。

 

視覚障害者の歩行の安全を守る『白杖の妖精 つえぽん』

白杖そのものがモチーフです。

 

問題点

 

点字ブロックが自転車や荷物などでふさがれてしまうと、ぶつかって転んでしまったり、白杖が挟まって曲がってしまいます。また、自転車などを避けるためにせっかくの点字ブロックから離れてしまい、目指す方向を見失ったりすることも多々あるのです。さらに、駅構内やホームで荷物や立ち止まる人々で点字ブロックがふさがれることにより、それを避けようとして誤ってホームから転落するなど重大な事故につながる危険性もあるのです。PTAが手作りで製作した着ぐるみは、中にあるヘルメットですべての生地を支える構造のまずさからか、20分ほど着ると、首から肩に痛みが発生し、翌日はむち打ち症のように首が動かなくなるような状況です。それでも子どもたちのためにとがんばっていますが、体も悲鳴をあげています。

 

(手作りしました。かわいいと評判のイラストとはイメージが違ってしまい、『ぬりかべ』みたいと言われたりもします。活動後は首が痛いです。)

 

視覚障害者が安心して歩ける街づくりのために

 

将来を担う子どもや若年層を中心にキャンペーンマスコットが強力に訴えかけることにより、その存在が認知されればされるほど、個性的な話すマスコットキャラクターを通じて、社会の多くの方々が笑顔になり、結果、白杖の大切さや点字ブロックの大切さの啓発が効果的に推進され、そして点字ブロック環境が改善されて、視覚に障害のある子どもたちや視覚に障害のある方々が、街中を安心して笑顔で歩けるようになります。どうか、写真の男性のように『どこを歩けばいいのか』と途方にくれてしまうような街をなくすためにご支援をぜひぜひお願いしたいのです。

 せっかく設置していただいた点字ブロックが、視覚に障害のある子どもたち、視覚に障害のある方々の道しるべとして大切にされ、自分の行きたいところを目指して、安心して笑顔で一人歩きができる街、すべての視覚障害者に優しい街を作っていきたいのです。

 

(どこを歩けばいいんですか?安全に歩けるはずの点字ブロックがかえって危険な場所となっています。)

 

<引換券について>

①点字・活字並記のお礼の手紙

 PTAから購入お礼のお手紙を送ります。通常の活字と併せて、同じ文面を全盲の方の文字である6つの点で表す点字でも表記しています。点字で何と書いてあるのか確認できるようにA4サイズ点字一覧表も添付します。是非、点字を体感してください。

②マスコットキャラクター(着ぐるみ)の生みの親として、購入者のお名前を記載して記録に残しておきます。また、承諾いただけた方のお名前を学校ホームページでも紹介させていただきます。

③つえぽん誕生記念の本プロジェクト限定版缶バッジ(直径32㎜)です。南相馬ファクトリー製ですので、東北復興支援にもなっています。

④つえぽんフェイスブックページでつながった、点字ブロック発祥地の岡山県で啓発活動を続けている方が製作した点字ブロック啓発ステッカー(横6㎝×縦3㎝)です。製作者のご厚意により引換券に加えることができたものです。製作者の熱い心が伝わってきます。ステッカーを身近な所に貼っていただくことで、点字ブロック啓発活動が行えます。

⑤点字ブロック啓発の手作りメッセージを私たちが1枚1枚気持ちを込めて入れたポケットティッシュの4個セットで、もちろん非売品です。私たち盲学校PTAの願いが込められています。

⑥東洋医学ツボ健康法小冊子(A4横判13ページ 非売品 )本校専攻科が校外でのあんま・マッサージ・指圧などの実習を行う際に、お配りしている手作り小冊子で、これで、日々の疲れや体調不良を軽減していただけます。

⑦つえぽん活動場面にご招待します。(往復の交通費は申し訳ありませんが、購入者様のご負担でお願いします)キャンペーン実施会場ではつえぽんを見るだけでなく、つえぽんとの会話やツーショット写真撮影などもお楽しみいただけます。さらに、その場で啓発活動に参加することもできます。会場は埼玉県内となります。

⑧つえぽん誕生を記念してつえぽんがデザインされたオリジナルA4サイズクリアファイルを2枚セットで差し上げます。このファイルは本校卒業生たちがお世話になっているNPO法人視覚障害者支援施設らぶ・あいず製ですので、視覚障害者支援となっています。

⑨本校がデザインした肩こり・腰痛に効くツボを図示した全国でも例のない盲学校発の日本手ぬぐい(横30㎝×縦90㎝)です。この手ぬぐいは川越いもの子作業所製ですので障害者支援になっています。

⑩購入者様のご芳名入り点字入りの名刺50枚セットを差し上げます。名刺作製はNPO法人視覚障害者支援施設らぶ・あいず、点字入れは点字名刺プロジェクトで、これも障害者支援とつながっているものです。写真はイメージです。

⑪サンクスマッサージは、あんまマッサージ指圧師の国家資格を取得した本校卒業生が感謝の気持ちを込めて本物のあんま・マッサージを行います。たまった疲れや痛みが軽ーくなっていきます。

⑫点字ブロックふさがないでの文字と絵が描かれた醤油煎餅(直径75㎜)です。本校デザインの図案が煎餅表面に描かれています。食べるのはもったいないとみなさんおっしゃいますが、食べていただくと点字ブロックふさがないでのメッセージが体の中に入っていくんです!煎餅としての味の評判も抜群です。これは第2川越いもの子作業所製ですので、障害者支援となっています。

 

 


最新の新着情報