こんにちは。暮らすさき事務局長の大崎です!

3回に渡って暮らすさきのメンバーからのメッセージをお届けしましたが、いかがでしたか?小さい頃から須崎に慣れ親しんでいる人もいれば、移住者もいて、いろんな視点から書いてもらい、またこの建物の魅力を再発見したことでした。

 

まだお読みでない方はぜひ、ご覧ください!

 

さて、12月もあっという間に終わりに近づいています。クラウドファンディングをスタートさせて、あっという間に20日間が過ぎました。

 

この20日間、たくさんの方にご支援のお願いをしながら、旧上原邸のことを地域の人たちにも、もっともっと知ってもらうためにどうしたらいいだろうかと思い、いろいろとイベントを仕掛けてみました。

 

12月1日からは

 

 

【すさきまちかどクリスマス2017】というイベントがすさきまちかどギャラリーを中心に開催され、旧上原邸もイルミネーションを設置しました。

 

11月の終わりに、SNSで呼びかけ集まっていただいた地元の方々と共に、イルミネーションを取り付け。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさんの方にお手伝いいただき、無事にキラキラ☆

 

イルミネーション点灯は12月31日まで。ぜひお近くの方はお散歩がてら見に行ってみてくださいね。

 

そして、12月頭には、私が所属する須崎未来塾同創会の忘年会の会場としても使っていただきました。

 

 

須崎を元気にするアイデアやパワーを持つ方々が集まった場なので、それはそれは熱い場所になりました。こんな活用も面白いなと再確認。

 

そして、12月の23・24日には、クリスマスバルを開催。

 

 

楽しみに来てくださった方や、ふらりと立ち寄られたご近所様。バルを楽しんでいる友人のSNSを見て来てくださった方。地元の方、市外の方、移住者の方々。たくさんのお客様にご来場いただきました。

 

こうやって、開かれた場所にしたことで、少しずつ、この場所を知っていただく良い機会になったと思います。

 

そしてこの間、上原邸に出入りして気づいたことがあります。

 

この建物の目の前は商店街の通りなんですが、私はこれまで、人通りなんか無いんだろうなと思っていました。しかし、ここで作業し、町の様子を見ていると、道行く人が結構多いことに驚いたのです。

 

お仕事なのかもしれません、たまたま通っただけなのかもしれません。けれど、道行く人はこの建物の前に車が停まっているだけで「何しゆう?」と覗き込み、戸が開いているだけで「きれいになったねぇ」と声をかけてくれます。

 

寂しい街なんかじゃないなとその時思いました。

 

そして、この建物の存在意義も大きいなと。

 

この建物が再生し、活用されることで、地域にどんな化学反応が生まれるのか。今は推測しか出来ないし、希望・願望しか語れないけれど、きっと始まってみてわかる効果もあるんだろうなと思います。

 

どうか引き続きのご支援をよろしくお願い致します!

新着情報一覧へ