皆さま、ご無沙汰しております。

クラウドファンディングのプロジェクト募集の時は、本当に沢山のご協力と応援をいただき、ありがとうございました。あれから約4か月が経ちましたが、いよいよ準備も整い現地ウガンダでの栽培をスタートします。
 

種の購入と日本国内で必要な経費を差し引き、残り全額をウガンダへ送金しました。

そして、8月12日

私、山原が関空よりウガンダへ出発します。

※渡航費はもちろん自費です。

 

到着は翌日13日になります。

そこから約10日滞在し、モリンガ栽培を開始します。

こちら石垣島で得たモリンガ栽培のノウハウを全て注ぎ込んできます。

気候や環境は違いますが、もともと熱帯の植物なのでウガンダのが有利です。

大成功し、日本はもとより世界へ向けて販売できるよう流通整備する予定です。

 

その為の、まずは原料確保!!モリンガ栽培の成功と拡大です!!

世界は人口増でこれから更に栄養不足に突入します。

大規模農法や高層ビルでの水耕栽培など、栽培技術は向上してるので、食糧不足になることはないでしょう。僕の中では、人口100億人超えても余裕で食料は確保できると考えています。但し、お金があることが前提ですが・・・

しかし、特殊交配や遺伝子組み換えなど、植物が本来持つ栄養素などは無視して、より効率的な栽培と収量増を目的とした農業では、絶対的に栄養が足らなくなります。

その時、圧倒的な栄養素を持つモリンガは、まさに人類を救う奇跡の木となるでしょう。CO2削減能力や水の浄化能力も併せ持ち、そのキャパは想像を超えています。

 

話しが長くなりましたが、その第一歩として踏み出します。

必ず成功しますので、これからも変わらぬご声援をお願い致します。

宜しくお願い致します。

 

 

国際支援NGOあい

代表:山原博之