夏南風、初めてのお風呂

この海人丸二号建造プロジェクトへのご支援、本当にありがとうございます。皆様のお陰で、ついにプロジェクトを達成することができました!!この喜びを皆さんと共有することができて本当に嬉しいです、しかも。なんと同じ日に新生児が誕生しました。自宅出産だったので妻も僕もヘトヘトで、昨夜は赤ちゃんの抱っこの仕方を知らない僕が四苦八苦。夜中まで赤ちゃんと格闘して疲れ果てましたけど、何故が心は元気一杯です。今Readyfor目標達成の事を知り僕自身が一番驚いています。
 
とにかく色んな大事なことが一変に起きましたけど、不思議と全てが丸に繋がっているように感じます。 
 
この島では毎年、夏になると南から風が吹きます。それに乗って毎年九州までの海を渡る僕は島々に少しづつ新しい仲間が増えていきました。その中でも最大の協力者・宮崎県日南市の井上さんから無償提供いただいた飫肥杉の大木2本と、愛知万博航海に使用した海人丸一号はいつも海の目の前に大切に保管してきました。毎冬、週末を使ったメインテナンス作業を続けるうちに近所の子供たちが作業の見学をしに遊びに来るようになりました。その中でも特に僕と親しくなったのが、今僕の愛娘ホノと愛息子シュリです。僕らはいつしか海で一緒に遊ぶようになり、自然に絆は強く深まり、いつしか家族になりました。今は全員が海人丸二号建造の夢を追うクルーです。
 
 
二号の建造目的で作成した”海人丸寄付金Tシャツ”も全国の仲間達から120万円を売り上げることができましたが、サバニ大工へ支払う賃金はまだまだ足らず悩んでいるところ、度重なる台風で押し寄せた海水で大切な飫肥杉は一気に腐食が進んでしまいました。ですから今回のクラウドファンドはまさに崖っぷちから飛び降りる覚悟で挑みました。
 
『目指す島(目標金額)は合っているのだろうか?』
 
『自分の目指す方角(手段)は正しいのか?』
 
この2か月間は何の保証もない、不安と向き合う命懸けの外洋航海でした。ひとつひとつのメールに一喜一憂しながら前に進んできましたが、達成率が25%ほどしか集まっていないのに期限は残り一週間を切ってしまい、家族も僕もどうしていいのか分からない状態になりました。でも結局は自分自身を信じて心からメッセージを投げかける事しか僕にはできません。「唯一自分にできることを全力で最後までやろう。」と言う気持ちだけでした。
 
 
そして、一人の同級生仲間が僕のメールに応えてくれた事をきっかけに、続く3日間で続々と支援が集まり始めました。信じられないような展開で、最後の最後で100%を達成することができたのです。プロジェクト開始早々から僕を信じて支援してくれた方にも、そして九死から救ってくれた同級生や最後の最後に僕を助けてくれた支援者の皆さん。改めて全ての皆様に感謝申し上げます。
 
 
昨日誕生した新しい命。家族の仲間入りした女の子に“かなか”と名付けました。
 
毎年、夏に吹く南風に乗って島々を航海してきた僕は、この風のお陰で人と繋がり生きる喜びを与えてもらいました。昨日誕生した命こそが僕にとっての夏南風(カナカ)です。3550gの元気な赤ちゃんは僕ら家族と支援者の皆さんをまた深く、強い絆で繋げてくれるはずです。
 
Readyfor目標金額205万円の達成と既に集めた海人丸寄付金Tシャツ120万円の売上金、計325万円を使って、早速僕は建造準備に取り掛かります。梅雨が明けたら作業開始、年末12月にはサバニを進水させます。(その後、二隻の船を連結するクルー作業は全て僕らの手作業で進めます)
 
来年の夏までには文明の力と、自然の力、そして人間が本来持っている力(人間力)、全てを一つに丸に繋げる海人丸二号を建造し広い海へ沢山の子供たちを連れ出したいと思います!!
 
「何があっても最後まで諦めない、漕ぎ続ければ必ず風は吹く。」
 
最後に、僕の人生に吹く風に、家族の存在に改めて感謝致します。
 
島もあと少しで梅雨明けです。もうすぐ夏南風が吹き始めます。
 
Keep paddling.
 
荒木 汰久治
   園子
   帆華
   珠里
   夏南風
 
新着情報一覧へ