メッセージリレー第二弾は遠征コアメンバーで主に現地校との打ち合わせをしております宮本さくらが、海外遠征にかける意気込みについて述べさせていただきます。

*後半に日本語訳がのっております。

 

Good afternoon. 

 

My name is Sakura Miyamoto and I am one of the organizers for this going abroad trip. Having lived most of my own life abroad, I contemplated hard on the reasoning behind my wanting to not only join, but also help organise the trip. After all, I did choose to come to Japan for university, why do I want to go out there again? In my pondering I realised that in actuality, it is because I lived abroad for so long

 

For those that have gone abroad I'm sure many of you can relate to the cultural differences that come with visiting a new country. The different concepts of appropriate social conduct, the different foods and other different experiences. Initially, even the things that are actually quite similar to ones own culture may seem utterly different in a different environment. But, as time goes by, one eventually becomes more accustomed to what was once such a cultural shock, so much so that it becomes a new social norm and it seems awkward for it to be otherwise.

 

And for me, that feeling is the main reason I want to go abroad. Right now, the American university lacrosse standards seem impossible to reach. The US being the origin of lacrosse and providing a start to lacrosse as early as the beginning of secondary school makes it seem more realistic to see it that way. However, by going and playing with and against these teams, we will come to realise that although playing their play seems still far in the future, it is no longer a mere dream but a plausible future

 

Along with our slogan 「ガチンコ」which stands for the determination and preserverence that we aim for through our practices and games in order to achieve our goal: first division, not only by our standing in the tournament but also as a team​, this trip will undoubtedly shower us with many things to look back and improve on but it will also give us a new confident outlook on our regular practice.

 

*    *    *    *    *

 

こんにちは。

海外遠征プロジェクトコアメンバーの宮本さくらです。 

 

これまで私は人生のほとんどを海外で過ごしました。

その視点から、なぜこの遠征に参加し、その上コアメンバーとして企画をしているのかという理由について今一度よく考えてみました。

大学に進学するにあたり日本に戻ってくることを選択し、そしてなぜ再び海外に目を向けてみたのか、それは海外での生活が極めて長かったことそのものが理由だということに気付きました。

 

海外に行ったことがある人ならば、訪れる国々で否が応でも異なる文化に触れることになります(いわゆる、カルチャーショック)。

その場・その時に適した社会生活や食べ物もそうです。

実際は自身の文化や慣習にかなり似通ったことであっても、環境が異なると全く異なって見えるのかもしれません。

でも時間が経過するにつれ、最初、カルチャーショックだった物事に適応していき、更にはそれが新たな基準となり、また今となっては過去に当たり前にできた事でもできない事にさえなってしまうことがあります。

 

それこそ、その感覚こそがが私の海外遠征の大きな理由なのです。

現在のアメリカの大学におけるラクロスのレベルには到底達することができるとは思えません。ラクロス本来の起源から考えても、またその選手たちの多くが中学生の頃からはじめているということからもそのように思えます。

 

しかし、実際にアメリカに行き一緒に練習や対戦してみることで、彼女達のようなプレーをすることが、たとえまだまだ先の将来に思えても、決して叶わない夢などでは終わらない、実現し得るものだと強く気付くことができるのではないかと思えるのです。

遠征後は間違いなく、反省点がたくさんでるでしょう。

それでも帰国後、練習を行う上で必ず新たな自信を持ちながら物事を考えることができるものと思います。

 

日頃の練習で私達がスローガンとして掲げている「ガチンコ」。

そのような新たな気持ちを糧に、一途にそしてより粘り強く行動することで「(リーグにおいて、そしてチームとして)1部になるという目標を達成することができるのではないかと信じています。

 

宮本さくら