こんにちわ。

本間賢人です。

 

現地の活動報告をすこしだけ。

 

ボリビアという国はとても地方自治が発達しています。

各地域、コミュニティの繋がりが非常に強固です。

 

その為、どこの場所、国でも当たり前ですが、

どれだけコミュニティの中に入っていけるかが重要なポイントとなってきます。

 

これまでの南米でガイドや活動を行う中で一番意識していることが

 

「現地の人との繋がり」

 

です。

 

私はこれまで6年間、ウユニ塩湖でガイド・環境教育を行ってきました。

ちょっとづつですが、関係が深くなりました。

 

塩の精製所のおばさん。いつもにこにこして一つ塩をくれる。

 

ウユニ塩湖ごみ問題解決の一環である環境教育活動では、

ドライバーの奥さんが学校の先生でしたので、

その方の学校で授業を行っています。

環境問題への意識も非常に高く、とても協力的です。

 

そういった関係をより作っていけるように、徐々に徐々に、

ゆっくりと関係性を強めていければいいなと思っています。

 

ウユニ市役所廃棄物処理課のボスと。

 

もう少しで、ウユニに新しい流れが作れそうだ。

 

 

ウユニ塩湖ごみ問題・環境問題

ウユニ塩湖環境教育リサイクルセンター

本間賢人

 

新着情報一覧へ