ご無沙汰しております。

 

 

「人間、成長すると言うのは変化すること。」

「青虫がさなぎになって蝶になって、青虫を見た時に(自分って成長したんだな)と感じる。」

「青虫がただ大きくなるのは成長ではない。ただ太っただけだ。」

こんな言葉を思い出す出来事がありました。

 

私達は常にインターン生の募集をしています。(8月、12月にキャンセルが出た以外は現在年末まで埋まっております。)

基本はベッドメイクや掃除など一般業務が中心になってしまいますが、やはりカンボジアに来たからには何か爪痕を残して行ってほしい。そんな思いで募集しています。

 

さて、今回はインターンの男の子にお客様から「ヨガを教えて欲しい」と要望がありました。

教えているうちに、かなり経験がある事が発覚。

そんな彼に私の方から次のお願いをしてみました。

「誰でも良いから人を集めてイベントを開いてほしい」

期限を決めて、やらせてみようと思ったのですが・・・

 

出るわ出るわ。「出来ない言い訳」が。。。

「そんなことしたことがない」

「英語が全く喋れないから・・・」などなど・・・

 

それを聞いてるうちに、(ああ、昔の自分のようだな)と感じたんですよね。

しかし、彼は「自分を変えたい」と大きな決意をしてカンボジアに来た。それを「じゃあしょうがないよね」で終わらせるのは誰のためにもならないと感じた。

(多少強引に)やらせることにしました。

結果・・・

出来るやんか。

 

余裕で出来ていました。

 

確かに火を付けるのが遅かったため、準備不足感は否めない。まだまだ未熟なのは明らか。

でもお願いしたことは出来てるじゃん。

 

ホテルのプール回りに、30分だけ漂う静かだけど独特な雰囲気。

みんながこの30分に集中する時間。

 

すごくいいじゃんか。

 

ちょっと前まで必死になって語ってた「出来ない言い訳」「やらない言い訳」

そんなものが全部吹っ飛んでいた。

良い笑顔をしていました。感想も「今回はこれがダメだった。次はこうしたい」と、(やりたくないんじゃなかったの?)と思ってしまう感想(笑)

 

「自分には何も出来ない」と思っている人の多くはある能力値が異常に高いと思います。

それは「出来ない言い訳」を考える能力。僕もそうです。今でも無意識レベルで発動します。

 

しかしそれを理解し意識的にしないように矯正していけば、いつの間にかサナギくらいにはなってるんじゃないか。(これ、やりたかった事だなあ・・・)そう思えた出来事でした。