フレンズ立松です。
クラブのユニフォームを作るため、これまで随分たくさんのご支援をいただいておりますが、まだまだ頑張らなくてはいけません。
皆さま、引続きよろしくお願いいたします。

さて、私が最初にバレーボールを教えることになったのは、次男が小学生の時に所属していたクラブチームでのことでした。
以来、たくさんの子ども達と出会いました。
いつどんなアプローチをしたら一番その子のためになるだろう・・・答えなどありません。どの子も個性いっぱい、私が教えられることばかりです。


唯一、誰にでも当てはまるのは、やっぱり「バレーは人なり」。
プレーヤーとしても人としても、一生懸命チャレンジして、悔しい思いも経験して大きくなっていきましょう。

 

 

新着情報一覧へ