【能登半島地震で写真館・撮影機器・住宅全て焼失】再起に向けて

【能登半島地震で写真館・撮影機器・住宅全て焼失】再起に向けて
目標金額の達成の有無にかかわらず実行者は支援金を受け取ります(All in 方式)。原則、支援のキャンセルはできません。支援募集は7月7日(日)午後11:00までです。

支援総額

385,000

目標金額 10,000,000円

3%
支援者
23人
残り
39日

応援コメント
ゆうこ
ゆうこ53分前同業者としても、力になりたい。 頑張ってください!応援しています。 皆さんの笑顔の記録が続けられますように。同業者としても、力になりたい。 頑張ってください!応援しています。 皆さんの笑顔の記録が続けられますように。
目標金額の達成の有無にかかわらず実行者は支援金を受け取ります(All in 方式)。原則、支援のキャンセルはできません。支援募集は7月7日(日)午後11:00までです。

    https://readyfor.jp/projects/warabino?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note

プロジェクト本文

輪島市の輪島朝市のすぐそばで写真スタジオを営んでいる『フォトわらびの』代表の蕨野 敬です。
この度は、写真スタジオ再建クラウドファンディングに関心を持っていただき心より御礼申し上げます。ありがとうございます。

 

▼プロジェクトを立ち上げた目的

令和6年元旦に発生した能登半島地震、その直後に発生した輪島朝市通りの火災で当写真館(公式サイトはこちら)・撮影機材・そして住居全てを焼失してしまいました。
災直後に火災が発生、私自身が消防団員として輪島朝市通りの消化活動に参加しており、燃える写真館から撮影機材・パソコン・写真一枚持ち出し出来ませんでした。当写真館は父親の代から輪島市内の小・中・高校の卒業アルバムを担当しており、市民の皆様の大切なイベント等でも撮影をしてきました。【輪島の人々と風景をもう一度撮影したい!】そんな気持ちが強く再建を目指すことにして、そのために今回皆様のご支援を頂きたくこのプロジェクトを立ち上げました。

▼再建に向けて

今回の地震で、私たちの暮らす輪島市は甚大な被害を受けました。そして、地震後の火災により輪島朝市通り(大町通り、本町通り)周辺一帯は焼失してしまい、当店もその火災の被害を受けました。写真スタジオ、カメラ、撮影機材、プリンター、家財などすべてを失い、この先スタジオ運営をできる状況ではありません。特に、小・中・高校の卒業アルバムの撮影担当も引き続き行うためには、再建に向けて立ち上げるしかありません。そして 震災後、自分たちに何処までやれるのかわかりませんが、先人が76年間守りつないできた輪島市の財産をここで絶やすわけにはいきません。こんな思いに駆られ、一日でも早く会社を再建させ、新たな輪島市を作るお手伝いがしたいと強く思っています。

▼地震当日

地震当日、地震、津波で避難することよりも近隣での火災の消火活動に参加しました。私は消防団に入団し消火活動が使命です。地震で何も持ち出すことを考えず、消火活動へと。会社が焼失しないように、火災が小規模でおさまるようにという思いでした。しかし、道は家屋が倒壊し通れる道は限られ、消防車が火災現場に到着するも水が出ないため消火栓が使えないことを知りました。川の水は地震で引いてしまい底が見えていて何もできず、水がなければ何もできない無力さを実感しました。防火水槽の限られた水、学校のプールの水を頼りに消火活動。そして津波の恐怖と戦いながらの海水を使用しての消火活動。寒さや眠さに負けそうになりながら消火活動を夜通しおこない、2日夜が明け、明るくなった街並みの壊滅的な状況を見て、復興することは無理だと思いました。また、消防団員にもかかわらず、写真館を焼失させてしまい、お客様のお写真や撮影データをお渡しできなかったことが今も大変申し訳なく思っています。

▼輪島朝市通りの火災の状況

能登半島地震により、当店を含む輪島朝市中心市街地200棟以上が近隣は焼け野原となりこの世の姿ではなくなってしまいました。火災を免れたところでも傾いた家屋、崩れた家屋、屋根瓦、外壁、割れた道路、海岸の隆起など輪島市は壊滅状態です。幼少期から慣れ親しんだ町が一瞬にして変わり果てた町となってしまいました。よく遊んでいたお寺が焼失し、お使いで買い物に行っていたスーパーや和菓子屋さん、漆器屋さん、海産物屋さんなど輪島朝市や本町商店街も甚大な被害となりました。


▼フォトわらびのについて

フォトわらびの(わらびの写真館)は1948年に祖父母が創業し、76年目を迎えます。輪島市の皆さんをはじめ、近隣の市町より皆さんの節目の記念日や学校の卒業アルバムなどに関わらせていただき、家族の思い出や宝物づくりのお手伝いをさせていただいています。昨年までの数年間は、新型コロナの影響で大きな打撃をうけましたが、コロナ後の写真スタジオの事を考え、店舗改装や撮影用衣装も増やし訪れて頂く皆さんに喜んでいただけるように、また、高齢者の方でもお気軽にご来店いただき撮影していただけるようにと手すりやトイレの改装などをおこない、赤ちゃんからお年寄りまで写真を身近なものに感じていただき、皆さんの笑顔を撮影に取り組んでいたところでした。

再起をかけ、また一からのスタートとなりますが、とても厳しい状況で、皆様のご支援を仰ぎ、震災前のような多くの皆さんの笑顔を撮影できる環境を整えたいと考えております。

                         ※写真掲載は親御さんから承諾済
 

▼火災の影響はお客様にも

 11月、12月に撮影をしていただきました方々よりお預かりしている写真アルバムや出来上がりのお写真、撮影後の撮影データなど全てお客様の元へお渡しできず焼失させてしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいです。 また、1月初旬は振袖や赤ちゃんの撮影のご予約をいただいており撮影準備をしてある状況でした。※1月7日は二十歳の集い(成人式)が開催される予定でした。

 

▼卒業アルバムは無事に渡すことができました

卒業を迎える生徒さんや親御さんは卒業アルバムの存在自体を諦めていたと聞きました。当店は10月より学校の担当の先生と卒業アルバムの確認のやり取りをおこない、12月末には全てのページの確認を終えていました。1月に入ってから印刷前の最終確認をお願いする段階でしたので、無事に確認を終える事ができ、3月に学校へ卒業アルバムをお届けさせていただきました。卒業アルバムを手にした生徒さんより、「卒業アルバムありがとうございました」、「大切な思い出をありがとうございます」など声をかけていただけ、とてもうれしい感情と共に『今後も子供たちの思い出のために』『もう一度撮影したい』と再建の意思を強くしました。

                       ※掲載は両校に承諾済(画素を低くしております)


▼輪島の地で笑顔をつなぐために

4月1日の新聞発表では、市外への転出が特に若い世代で多くなり、今後能登は震災前よりさらに過疎が進み少子化となっています。今回の地震により家を失った方々は能登を離れる選択をした人がいると聞きます。しかし、何が正解で不正解かはわかりませんが、能登の産業や仕事の確保、生活基盤の安定が早急にはかれることが重要だと思いますし、元気で輪島に生活していただくことが写真館の生業に直結します。必ず写真スタジオを再建し、ご家族のハレの日記念や家族写真、卒業アルバム作成などを通して笑顔溢れる写真を撮り続け、家族の宝物を作るお手伝いをしていきたいです。

 


▼皆様からのご支援で復活を望みます

フォトわらびのを絶対に復活させたい。この思いで一日一歩ずつ着実に前進したいと思っています。祖父母、叔父、父と受け継がれてきたフォトわらびのを次の世代に継承していくために、今ここで途切れさせるわけにはいきません。店舗、機材が残っていればという思いがありますが、ゼロからのスタートと捉え、他力ではありますが皆様からのご支援をいただくことで、祖父母、叔父、父がから引き継いだ写真に対する思いや技術、写真を通して輪島市民の皆様の愛情や笑顔をもう一度お届けしたいのです。どうか私たちにお力をお貸しください。



▼プロジェクト遂行

スタジオの再建、カメラ、撮影機材、プリンター等の購入には多額の金額が必要です。これらの資金調達をするため、皆様からの支援を募り、フォトわらびのの再建に充てさせていただきます。正直、何年かかるかわかりませんが、再建に向けて行動し続け、関わって下さる皆さんと共に幸せで笑顔溢れる写真を残して参ります。そして、今まで大切に紡がれてきた暮らしや人との繋がりを再び興すための一助となるように行動していきます。

 

▼再建の目途

3ヶ月が経った今も震災当日と何も変わっていません。同じ場所で写真スタジオを再建する見通しも立たず、建物撤去、周辺整備の目途もたっていません。現段階では、輪島市内で空き店舗または、空きスペースを確保し、仮設スタジオの建設に向けて整備できればと思います。

クラウドファンディング期間中、随時現状(活動)報告していきます。


▼皆様からのご支援活用方法 
1,000万円
1)撮影機材購入に掛かる費用の一部        600万円
2)スタジオ再建に向けて仮設スタジオの整備の一部 400万円
 


▼リターンについて
※輪島朝市で出店したお店からリターン商品をお送りいたします。

・えがらまんじゅう(塚本菓子店)
・Tシャツ(永井洋装店)

・干物(道下商店)
・輪島塗(小林漆器)

・あわび・貝煮(関山海産物)

※朝市通りの火災の影響で出店できないお店の、少しでもご支援となればと思い協力をお願いいたしました。

 

▼最後に

プロジェクトページをご覧いただきまして、ありがとうございます。報道されている通りの状況であり、報道以上の過酷さと現実が輪島にあります。元旦の日、私たちは今年1年良い年になる事を願っていました。夕方いきなりの大地震がおこりました。能登の至る所で甚大な被害がでていますが、犠牲になられた方々を想うと心が痛みます。 私たちの地域(大町通り、朝市通り)では大地震後に起きた大火災で今までに見た事のない景色となってしまいました。震災から3ヶ月以上が経った今でも何も手つかずの状態を見ると、心が痛く、寂しさを感じます。この様な状況で再起を目指すことは安易な事ではありません。しかし、再起を心に決めた事は、日頃より周りの人のあたたかさに触れて仕事をしていたからです。私たちは写真を通してたくさんの方々と出会い、幸せな時間を共有させていただけていた事を振り返り、人との出会いを大切にするために写真スタジオ(写真館)をもう一度再開したいです。人の優しさに触れ、自助努力での再建が望ましいと思いますが、今回は支えていただける方からの気持ちを素直に受け止めさせていただきたいと思います。フォトわらびのは必ず再建します。応援を宜しくお願い致します。

 

▶免責事項
・本クラウドファンディングはALL-IN形式で行われます。目標金額に満たない場合もクラウドファンディングは成立となり、集まった金額に応じて当初プロジェクトに沿った内容を実行いたします。
・目標金額を超えて集まった場合は別途活動報告などを通じて使途のご案内をいたします。
・刻々と変わる状況に鑑みて、ページ内記載のプロジェクト内容が変更、遅延する場合もございますが、支援金の返金は行われませんのでご理解のほどお願い致します。一方で、完全に中止となった場合は返金致します。


READYFOR事務局:本プロジェクトは被災地で実施する緊急災害支援活動の関連プロジェクトです。被災地、被災者の皆様の状況等が変化する可能性がございます。被災地の情報に関する公的機関の発信、報道等もご確認下さい。

プロジェクト実行責任者:
蕨野 敬(フォトわらびの)
プロジェクト実施完了日:
2025年7月6日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

元旦に発生した令和6年能登半島地震直後の火災で、当事業者(わらびの写真館)の建物及び撮影機器、さらにビルの4・5階部分は住居となっており、仕事場・住居・撮影機材そして個人の財産全て焼失してしまいました。3ヶ月経った今も焼け跡の片付けも出来ていない状況です。今回皆様のご支援を頂き、まずは撮影機器の購入に充てていきたいと思います。小・中・高の卒業アルバムの担当の仕事を今は友人から借りたカメラで撮影しているが、自前で撮影機材を揃えて再建の足掛かりにしたい。

リスク&チャレンジ

プロジェクトに必要な金額と目標金額の差額について
今回のプロジェクトの資金でまずは撮影機器を購入にあてる予定で、写真館・撮影機材及び住居の再建は国などの補助金を活用する予定にしている。

あなたのシェアでプロジェクトをさらに応援しよう!

    https://readyfor.jp/projects/warabino?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note

プロフィール

写真スタジオを営んでいる『フォトわらびの』代表の蕨野 敬です。 令和6年元旦に発生した能登半島地震、その直後に発生した輪島朝市通りの火災で当写真館・撮影機材・そして住居全てを焼失してしまいました。

あなたのシェアでプロジェクトをさらに応援しよう!

    https://readyfor.jp/projects/warabino?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note

リターン

5,000+システム利用料


感謝のメール

感謝のメール

○感謝のメールをお送りいたします。

支援者
5人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年9月

10,000+システム利用料


ポストカード

ポストカード

○輪島・能登の風景のポストカード2枚
※写真はおまかせ2枚
○感謝のメールをお送りいたします。

支援者
8人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年10月

20,000+システム利用料


えがらまんじゅう

えがらまんじゅう

○えがらまんじゅう6個入り(塚本菓子店)
○感謝のメールをお送りいたします。

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年10月

30,000+システム利用料


輪島オリジナルTシャツ

輪島オリジナルTシャツ

○輪島オリジナルTシャツ(永井洋装店)
 ※サイズをご記入ください
○感謝のメールをお送りいたします。

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年11月

50,000+システム利用料


輪島の干物

輪島の干物

○輪島特産干物セット(道下商店)
○感謝のメールをお送りいたします。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年11月

80,000+システム利用料


輪島塗

輪島塗

○輪島塗のお椀1客(小林漆器)
 ※黒か朱の希望をお書きください
○感謝のメールをお送りいたします。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年11月

100,000+システム利用料


あわび1個・朝市煮貝セット

あわび1個・朝市煮貝セット

○あわび1個・朝市煮貝セット(関山海産物)
○感謝のメールをお送りいたします。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年11月

プロフィール

写真スタジオを営んでいる『フォトわらびの』代表の蕨野 敬です。 令和6年元旦に発生した能登半島地震、その直後に発生した輪島朝市通りの火災で当写真館・撮影機材・そして住居全てを焼失してしまいました。

あなたにおすすめのプロジェクト

注目のプロジェクト

もっと見る

新着のプロジェクト

もっと見る