プロジェクトも残すところ4日となってしまいました。

残り37%のご支援を頂けますと目標に到達できます。

 

できることを最後まで諦めずに進めていきたいと思うので、皆様のご支援を頂けますと本当に嬉しいです!

 

先日投稿させていただいた『わさびの健康効果』の記事からの派生としてこの記事を投稿させてもらいたいと思います。

 

『わさびを取り巻く環境と現状』

 

世界中で起こっている日本食ブームも相まって和食の無形文化遺産認定が行われ世界中の人々が「日本食」を求めて世界各地で新しい日本食レストランがオープンしております。

 

わさびもお寿司やお刺身との付け合わせで使われる場面が多いため、海外での消費もどんどん拡大しております。

 

例えば、イギリスのニューハンプシャー州にあるわさびの栽培を行っている企業『The Wasabi Company』という会社があります。

 

The Wasabi Company ブランドロゴ
https://www.thewasabicompany.co.uk/より引用

 

https://www.thewasabicompany.co.uk/japanese-text

(こちらは日本語翻訳バージョンのサイトです)

 

この企業は、元はクレソンの栽培を行っていたそうですが2010年頃にとあるシェフがThe Wasabi Company所有のクレソン畑へ訪れた時に偶然ワサビ田のことを知っていてそのことをオーナーに話したそうです。

 

そこからわさびの栽培方法を調べていくとその栽培方法がクレソン栽培野それとても近く、技術的な困難な部分も今までの蓄積したノウハウがあればクリアできるという判断から栽培を始めたそうです。

 

あとオーストラリアのタスマニア島の北西エリアに所在しているわさび栽培企業の『Shima Wasabi』という会社もあります。

 

shima wasabi ブランドロゴ
http://www.shimawasabi.com.au/index.html
shima wasabi ウェブサイト引用

 

http://www.shimawasabi.com.au/index.html

(サイトは英語表記です)

 

タスマニア島というと雄大な自然と独特な生態系で知られているエリアでして(タスマニアデビルなど)とても綺麗な清流を確保することができるエリアです。

 

タスマニアデビル
ウェブサイト引用 Doubutsuiine 様 
タスマニアデビル タスマニア島に住む肉大好き動物

 

この会社から東南アジア向けのわさび製品の輸出やわさびの供給を行っているそうです。

 

それ以外にもカナダのブリティシュコロンビア地区でもわさび栽培を行っており、『Pacific Coast Wasabi』という企業もアメリカ・カナダ・ヨーロッパ各地へと最高級わさびを供給しているようです。

 

Pacific Coast Wasabi ブランドロゴ
Pacific Coast Wasabi ウェブサイト引用
http://www.wasabia.com/index.php 

 

http://www.wasabia.com/index.php

(サイトは英語表記です)

 

海外ではただわさびを日本から輸入することだけでなく、独自に栽培を手がけようという企業が徐々に増えてきています。

 

過去にスパイス(胡椒)を求めてインドへ行く時代を彷彿とさせる気もしますね。

買うだけでなく栽培までやってしまおうという発想です。

 

味わいが唐辛子のように痛みのある鋭さでなく、しっかり辛いけど風味もあり優しさもあるわさびが唐辛子やコショウとは違った辛味のアプローチとして世界中で認知され始めているようです。

 

バジロン ワサビ 90g(わさび入りチーズ)
ナチュラルチーズ フロマージュ様 ウェブサイト引用 http://fromage.jp/i/h000280

 

 

では国内のわさび栽培の状況はどうなっているのでしょうか?

 

わさび生産量都道府県ランキング
地域の入れ物 様 ウェブサイト引用 https://region-case.com/rank-h27-product-wasabi/

 

やはり第1位は安曇野で知られている「長野県」ですね。

わさびのよく採れるエリアは併せて美味しいお蕎麦も作られています。

 

第2位「静岡県」も三島などがわさび産地でよく知られているエリアだと思います。

 

第3位「岩手県」も少しなじみが薄いかもしれませんが産地としては有名です。

 

https://region-case.com/rank-h27-product-wasabi/

 

このランキングの中で興味深かったのが東京でもわさびが取れているという点です。

 

『奥多摩』エリアではわさびが少量ながら生産されており、東京で取れるわさびとして情報発信をしております。

 

次回のわさび記事投稿の際には、奥多摩へわさび取材へ行ってきましたのでそちらの様子をアップしていきたいと思います。

 

残りプロジェクト日数が4日となりましたが最後まで頑張りますので、どうぞご支援頂けますようよろしくお願いします!!

 

 

参考サイト

 

 the Wasabi Company 様

https://www.thewasabicompany.co.uk/japanese-text

 

Shima Wasabi 様

http://www.shimawasabi.com.au/index.html

 

Pacific Coast Wasabi company 様

http://www.wasabia.com/index.php

 

地域の入れ物 様

https://region-case.com/rank-h27-product-wasabi/

 

ナチュラルチーズ フロマージュ 様

http://fromage.jp/i/h000280

 

セカイコネクト 様

http://world-conect.com/wasabi-world

 

Doubutsuiine 様

新着情報一覧へ