皆様の温かいご支援のおかげで、残り7日の本日、50%に到達することができました。本当にありがとうございます。

 

東京ホワイトハンドコーラスに参加しているろう者の子どもたちが、どのような体験を経て音楽を感じるようになるのか。

そのプロセスは、主催している私たちにとっても未知のものでした。

 

練習を重ねるにつれ、歌詞に出てくる情景や音楽の意味をどのように表現するのかアイディアを出し合う子どもたちの様子や、えりか先生の歌と「振動」を全身で感じとる子どもたちの姿を見て、様々な気付きをもらっています。

 

そんな子どもたちの姿を3本の動画におさめ、youtubeに公開しています。ぜひご覧ください。

 

歌詞の表現をみんなで考える子どもたち

 

 

ピアノや喉に触れて響きを確かめる子ども達

 

 

みんなで考えたサインマイムを初めて歌に合わせる様子

新着情報一覧へ