クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

日本と世界の病院をつなぐ『ハッピードールプロジェクト』

高橋 雅子

高橋 雅子

日本と世界の病院をつなぐ『ハッピードールプロジェクト』
支援総額
1,531,000

目標 1,500,000円

支援者
95人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
3お気に入り登録3人がお気に入りしています

3お気に入り登録3人がお気に入りしています
2014年08月26日 15:15

【被災地、極限状態で】

 

東日本大震災の直後、2011年4月から
『ハッピードール』は被災地での活動を開始しました。
若い世代が復旧作業に忙しなく動き回る一方で、
行き場をなくし、ぼんやりと座り込んだままのご高齢者や子どもたち。
何か出来ることがあればと、突き動かされるように避難所を回りました。

ダンボールに囲まれたスペースに椅子と机を並べたり
地べたに布を引いてつくった即席の会場。
極限状態の中で生まれた作品は
戻らない家族の無事を祈り、願掛けした「カエル」、
お母さんのための枕、孫のための人形、など
誰かを思う気持ちが込められた、祈りの作品でした。

 

 

2011年5月3日/相馬市中村第二小学校避難所

 

2011年5月3日/相馬市立中村第二中学校避難所

 

あれから4年、今も仮設住宅を中心に
『ハッピードール』は巡回を続けています。
これまでのプログラムは120回以上。
今も、天国で見守る家族に向けた作品が次々と生まれています。

 

仮設住宅に住むおばあちゃんたちも、南アフリカ行きに驚き、喜び、

温かく送り出してくれました。

その思いも胸に、現地に向かいます。
どうか、引き続きの応援をよろしくお願いいたします。

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

子どもたちの写真付きサンキューレター
HPへのお名前掲載

支援者
48人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

子どもたちの写真付きサンキューレター
HPと記録集へのお名前掲載
記録集の贈呈(最新号1冊)

支援者
35人
在庫数
制限なし

30,000円(税込)

子どもたちの写真付きサンキューレター
HPと記録集へのお名前掲載
記録集の贈呈(1冊目~最新号まで7冊セット)

支援者
8人
在庫数
制限なし

100,000円(税込)

子どもたちの写真付きサンキューレター
HPと記録集へのお名前掲載
記録集の贈呈(1冊目~最新号まで7冊セット)
オリジナルグッズの贈呈

支援者
4人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする