プロジェクト概要

 

 

子どもも大人もキャンプへGO!!

もちろん、未経験でも大丈夫。

私たちが安心安全なキャンプへお連れします!

 

 

キャンプ初心者さんをお手伝いします!

 

はじめまして!山形県天童市でキャンプショップHJScamplab.を運営しております、長橋と申します。ページをご覧いただきありがとうございます。

 

3人の親でもある私は、子育てを期に本格的にオートキャンプを始め、キャンプが生み出す素晴らしい時間や絆を知りました。自然の心地よさを感じ、子供の成長が見れるキャンプは、大人にとっても素晴らしい時間です。

 

キャンプをする方がもっと増えればいいのに…そう思っていますが、未経験者にとって、事前準備はとても大変で、当日もクタクタになります。

 

そこで私はキャンプショップHJScamplab.を設立し、これからキャンプを始める方や興味のある方に道具のご提案やキャンプをするまでの準備のお手伝いをすることにしました!

 

それぞれのニーズに合わせて、もっと身近に気軽にキャンプを体験していただきたいと思っています。また、キャンプへの悩みや不安へのご相談を受け、安心して楽しんでもらえるよう色々なイベントを開催していきます。

 

そのためにまず、レンタル用のキャンプ道具を一式揃えなければなりません。道具購入費用やその管理倉庫準備で、100万円ほどかかります。キャンプを通して、子どもも大人も笑顔になってほしい!そう強く思っていますので、どうぞご支援のほどよろしくお願いいたします。

 

 

自然と食の魅力がいっぱい詰まった、山形県天童市。

 

キャンプショップHJScamplab.を設立した理由の一つに、「私の住む山形県天童市の魅力を感じて欲しい!」という想いもありました。

 

山形県天童市には、眺めが素晴らしい自然にあふれた天童高原キャンプ場があります。そして、年間を通して食の宝庫です。

 

私が生まれて育った天童市。キャンプ人口がそう多くはありません。この天童市で、キャンプの楽しさを広めていくことも、私たちの役割だと思っています。

 

 

 

想像力と発想力。キャンプでそれが身につく!?

 

美しい自然の中で遊ぶことはただのレジャーではなく、「学びの場」だと私は感じています。特に子ども達にとって、自然の効果は絶大です。

 

私の子ども達は、キャンプを通して想像力が豊かになりました。

 

どんぐりなどを拾って、それを使いながら自由に工作をする、という課外授業が小学校ではあります。今は多くのお子さんが、外より家の中で遊ぶようになり(それもスマホを使ったり…)自分で何か想像して組み立てることが苦手なんだそうです。しかしうちの子供は、すぐに色々な物で、自分の好きなように作品創りに取り掛かれると、先生からお褒めの言葉をいただきました。

 

また、娘が学校で描いた絵をみて驚きました。本当に「感じたまま」描いているのです。虹や太陽など、多くの子が同じ表現をしますが、娘は自分が感じたまま、型にはまらず描いているのが伝わってきました。

 

保育園に通う息子は、ある日保育園の先生にこんなことを言ったそうです。「せんせい!知ってる?地球ってまるいんだよ!だって、キャンプ場でどこまで走っても続いてるから!」

 

塾や習い事で学べることもたくさんありますが、それと同じくらい、キャンプで子供たちは色々な発想をめぐらし、成長してしていると驚きました。

 

自由に、型にはまらないこと。子供にとってとても大切です。キャンプで、自然の中で自由に遊び、感じたままに行動し、お腹が空いたらご飯を食べる、眠くなったら寝る、とのびのびと過ごすことを知っているからこそ、日常生活にも生きてくるのだと思います。

 

 

 

「ぼくの好きなもの?塩ごはん!」

 

うちの子ども達の好きなもの。それは塩ご飯です。名前の通り、ご飯にただ塩をふったもの。

 

子どもはおかずやふりかけがないと、なかなか白米って進みません。でもうちの子は、ファミレスに行っても「塩ご飯食べたい~!」そう言います。それは、キャンプでの炊きたてのご飯の味を知っているからです。飯ごうで炊くご飯は、子供たちにとってご馳走です。

 

ただ美味しく食べるだけではなく、キャンプでは「作る大変さ」も学べます。火を起こして、材料を切って、煮たり焼いたり…そんなことを一緒にするので、ご飯が食べられることに対して、自然と感謝できるようになりました。ご飯を残さなくなったのも、キャンプのお陰だと思っています。

 

家でのお手伝いの時は、親には余裕がなく、安全の観点からも火の元にはなるべく近付かせなかったり、簡単な調理しかお手伝いを頼まなかったりします。子どもがやりたい!と言っても、あれだめこれだめと言ってしまいがちです。

 

キャンプでは火を起こすことから一緒にやって、「火は熱い」という当たり前のことを肌で感じることができます。実際にたき火をしたりご飯を一緒に作ることによって、火が危険であることも、生活に欠かせない大切な存在であることも実感できます。

 

小さな子どもには家ではお手伝いは頼めない…。キャンプでは一緒に体験できる!
こんな大きな火をこんな近くに感じることは、普段の生活ではありえません。

 

 

身体も心も強く!

 

昔はよく、「3秒ルール」なんて言いました。食べ物が落ちても、少しくらいなら大丈夫!それが普通でしたが、今ではあまり聞かなくなりました。至るところがクリーンになり、そのせいか、アレルギーを持つ子供も増えていると聞きます。

 

私の娘も、食物アレルギーとアトピーです。

「土に触れると良い」と噂で聞いたのがもともとキャンプを始めたきっかけだったのですが、自然に触れ合って、免疫力がついたように思います。そして精神的にもタフになりました。

 

そして、キャンプはゲームも時計も無い時間。虫を採ったり、草花や土をいじり泥だらけになり、いつもなら怒ってしまう私も、無邪気な顔で本来の子供らしさが見えると笑って迎えてしまいます。暗くなって眠り、自然の明かりや音で目ざめてまた遊ぶ。心身共に解放され、本来の子供の屈託のない表情を見ていると親として嬉しく思います。

 

 

 

「よし、キャンプしよう!!でも、面倒くさい…」

 

「キャンプがしたい!」そうはじめて思ったとき、皆さんは何から考えますか?SNSやWEB検索、もしくは知り合いに聞いてみたり…。

 

私たちもそうでした。手探りで準備して、さあキャンプへ!キャンプ場で箱付きのまま初めて道具を広げて、あーでもないこーでもない。お昼からチェックインして準備してようやくテントを張り終わるころ、もうクタクタ…。せっかくの家族の時間は準備だけで消化されていまいました。

 

もっと簡単に、楽チンにキャンプはできないのだろうか?そう疑問を感じ、毎週のようにキャンプをして研究を重ねました。

 

研究を重ねること約1年、家族の動線を考えたロープの張り方や空間の作り方、快適に家族が団らんできるまどりを考案しました。そしてそれが評価され、2016年にメーカー主催の快適サイトコンテストで、なんとグランドチャンピオンをいただくことができました!

 

 

 

 

研究過程で経験したや失敗談や蓄積されたノウハウは、これからキャンプを始める方々にきっとお役に立てると思っています。そしてこれを役立てるべく、この度法人化し、これからキャンプを始める方や興味のある方に、道具のご提案やキャンプをするまでの準備のお手伝いをします!

 

 

初心者さんを徹底サポート。さまざまなイベントも企画します!

 

例年アウトドアが流行し浸透して来ているとはいえ、周りからはこんな意見を聞いています。「アウトドアをやってみたいけど、大変なんでしょ?何買えばいいの?」


何を購入したら良いのか悩んでいる方、購入後に実際使用することに不安な方を対象に、私たちが失敗したからこそおすすめできる「初心者さん向けのキャンプ道具」をこちらで用意致しました。それをレンタル道具として貸し出すことで、簡単にキャンプを楽しんでいただるように、色々な段取りの案内も合わせてご提案します。


またその他にも、キャンプマルシェやキャンプ合コン、キャンプヨガやキッズ体操、青空読み聞かせ等のイベントも開催していき、年齢や性別関わらず、キャンプの魅力を感じてもらえるように企画をしています。

 

美しい景色を見ながらのヨガはリラックス効果絶大です。


【使用使途】

いただいたご支援は、レンタル用のキャンプ道具費用に充てさせていただきます。

 

・キャンプ道具購入費    540,000円
・道具倉庫購入費    200,000円
・事務器機 プリンター類購入費    44,000円
・クラウドファンディング手数料(税込)    216,000円

 

【お問い合わせ】

2019年4月から、随時イベントを開催していく予定です。ご案内はFacebookページにてさせていただきます。お問い合わせ等もお気軽にご連絡ください。

 

>詳細はこちら<

 

もっとキャンプの魅力を伝えたい…!

 

子どもを育み、大人を癒してくれるキャンプ。ここには書ききれない魅力がまだまだあります。そして素晴らしい自然のある山形県天童市。私たち夫婦の力は微々たるものですが、せっかくまずは身の回りの方に、キャンプの楽しさ、自然の力を知ってもらえるように活動をしていきます。ご支援をどうぞよろしくお願いいたします!

 

 


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)