クラウドファウンディングの挑戦、3日目となりました。

開始から本当にたくさんの方のご支援と応援メッセージを頂き、大変感謝しております。

一人でも多くの子どもたちに配慮事例を届けることができるよう、スタッフ一同、努めてまいりますので、シェアをお願いいたします。

 

本日は、日野公三先生から応援メッセージを頂きましたので、ご紹介させていただきます。

 

 

 

学習障害は発達障害の中でも眼科医の関わりが最も大切な診断領域です。読み書きの困難を持つ児童生徒への不適切な対応によって 自尊感情が下がり、二次障害・三次障害を併発させる生徒に対応してきました。 教育と福祉と医療と就労がタコツボから出て連携し合う絵を実現するために、当事者の保護者から立ち上がった「読み書き配慮」の 活動が始まるべく始まったのだと思います。大いに期待し、連携させていただきます。

新着情報一覧へ