プロジェクト終了報告

2018年12月18日

読み書き困難があっても学べる社会を目指して

プロジェクトを支援していただいたみなさま

 

おかげさまで、読み書き配慮の2ヶ月間にわたるReadyforキャンペーンが終了しました。

みなさまには、ここに至るまでの拡散のご協力、またご支援に心より感謝申し上げます。

 

この間、4330人にものぼる方々がサイトを訪れてくださいました。

みなさまの応援に元気をもらってひた走るうちに、ご支援は1,506,000円にのぼり、目標額の150%を超えました。

 

当事者・保護者からは、ストーリーバンクを切望する熱いメッセージを数多く頂戴しました

スタッフ一同身の引き締まる想いです。

 

システム構築は順調に進み、11月22日には事例収集を開始しました。

事例投稿は日増しに増え、公開に向けてプロジェクトは着々と進んでいます。

 

読み書きへの配慮は、読み書きに困難を抱える子どもたちの尊厳と人生そのものを支えます。

読み書き困難があっても学べる社会を目指して、一社)読み書き配慮はなお一層邁進していく所存です。

 

今後ともよろしくご教示ご鞭撻のほどをお願い申し上げます。

一般社団法人読み書き配慮
代表理事
菊田史子