amazonの利便性、実店舗の魅力

こんばんは。

 

先日、京都の三月書房さんを訪問した際に、

店主の穴戸さんにいろいろとお話をうかがうことができました。

 

 

三月書房さんは新刊書店ですが、取次を通していない直販の出版社の本などを数多く取り扱い、他店ではなかなか買うことのできない本が多数棚には並んでいます。

 

 

amazonでも取り扱いがなかったり、即日配送されなかったりする本も少なくなく、「それらの本は通販でもよく出る」とのことでした。

 

ただ、近年amazonのサービスの質がどんどん良くなってきており、具体的には古本の在庫をはじめ、自費出版本の取り扱い、雑誌のバックナンバーの充実などが挙げられます。

 


最終的にすべてのものがamazonで買えるようになると、すべてが通販で事足りるのかというと、やはりそうは思いません。


 

棚の文脈から新しい本に出会うという機会がなくなりますし、

そもそも小部数の名品を独力だけで次々にみつけるというのも、

一部の人をのぞいてなかなか難しいことだと思われます。

何より、本屋さんがなくなると何かと不便です。

 

 

amazonは便利なサービスですので、否定するつもりはありませんが、

同様に実店舗の棚にはまた違った価値や魅力があるはずです。

そういったことを少しでも伝えられるようなサイトにしていければと思います。

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています