その後の経過の ご報告

 この度は、クラウドファンディングサイトRadyforの

お産のあとも安全に。よしみ助産院に母子のために医療器具を!』

にご支援いただき誠にありがとうございました。
皆さまのご厚意より、クラウドファンディング終了後にいただいた支援含め、

総額1,505,669円、支援者数129名と、募金箱で投函してくださった方などから多くのご支援を承りました
 また、ご友人やご家族にお声がけをいただいたり、SNSなどで広報をしていただくなど、多くの方々の支えがあって無事達成することができました。これもひとえに皆様のご理解とお力添えの賜物と深く感謝しております。
今回のクラウドファンディングを通して、飯田下伊那郡におけるお産事情を多くの方に知っていただき、皆さまの支援と励ましの言葉により、大変勇気づけられました。これを機に、ベビーマッサージやお産を語る会なとで分娩以外にも母親の心に寄り添うことや、命の授業を通して子ども達に正しい性の在り方を教えていくこと、また、企業に父親の育児休暇や産前産後の女性の働き方の見直しをアプローチしていくことなど、産みやすい、育てやすい社会環境にするため、これからも母子の声を代弁して訴えて行きたいと思います。その為にも、より多くの方からの理解と信頼を得られるよう、今後も気を引き締めて努めて参りたいと思います。

クラウドファンディング達成後、念願だった黄疸計測器を購入させていただき
ました。それにより、7月に産まれた乳幼児の黄疸を計測することができています。これまで片道1時間かけて他院に借りに行っていた時間が、今は産後の母子に寄り添う時間になっています。ほんの少しの変化ですが、母子の側で心のケアで支えたいという思いが強くなりました。今後も大切に使わせていただきます。

黄疸計測器


 その他、支援金の使い道ですが、9月中旬より宿泊型産後ケア受け入れのための院内改装を着工いたします。まずは古くて冬場寒いお風呂場をリフォームし、暖かく、衛生的に利用していただけるようにします。次に、分娩や宿泊の為の部屋の畳と床の張り替えをし、気持ちよく利用していただけるようにします。
 今後はFacebookやブログで最新情報をお知らせしていきますので、そちらを拝見していただきたいと思います。
また、ぜひ機会がありましたら、イベントや助産院にお気軽にお越しください。
お会いできるのを楽しみにしています。
 まだまだ暑い日が続きますので、どうぞお身体にお気をつけください。
 この度は、誠にありがとうございました。
 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています