海外サッカー選手会設立に向けたプロジェクトに対して、誰よりも早く賛同していただき、イベント参加を申し出てくれた遠藤選手!

 

現役大学生でありながら休学を選択し、タイに渡った想いやそこで感じたことはどのようなものだったのか。

 

そして、1年半の戦いを終え帰国したばかりの今何を思うのか。

 

ゲスト選手インタビュー第一弾です!

 

プロ契約後の初ユニホーム写真

 

Q1、過去に大学を休学をして海外に渡り、プロサッカー選手として活躍する話はあまり聞きませんが、そこまでしてタイに渡ったきっかけは何ですか?

 

A1、自分の中で「行動するなら3年生の時」と決めていました。そして、大学のトップチームでプレーしていなかったので海外へ挑戦すると決意しました。大好きなサッカーで生活できる国を探した結果、東南アジアでサッカーの盛り上がる国、タイに挑戦することを決めました。

 

Q2、タイでサッカー選手としてプレーした一年半で印象的なことは何ですか?また、目標としていたことは何ですか?

 

A2、日本での当たり前なことが通用しなかったことですね。練習に30分~1時間遅れは当たり前、自主トレなどをする選手が少ない、練習を100パーセントでやらない選手が多いなど、周りに流されてはいけないと思いました。タイでの目標は、必ず上のカテゴリーへとステップアップしていきトップリーグでプレーすることなど、毎年目標を何個か作ってやっていました。

 

プロサッカー選手としての試合入場

 

Q3、日本の大学サッカーと所属していたタイサッカー(T3)は全然違うと思いますが、海外だから得られた経験は何ですか?

 

A3、海外サッカーを経験した事により、「決まったプレーはない」「自由にプレーすることの大切さ」を学びました。「ここはこうしなきゃいけない」とか「こうしてはいけない」といった’’決められたプレー’’が日本にはたくさんあると思います。しかし、アフリカ人やタイ人選手は自由にプレーをしているところを見て、それが良い部分もあるし悪い部分もあることに気がつき、サッカーの大切な部分を学ぶことができました。

 

Q4、タイでびっくりしたことはなんでしたか?

 

アウェイの試合でプーケットに前泊だったのですが、「ホテルが予約取られないから今日はここに泊まる!」と言われて連れて行かれたのがまさかの海辺のビーチだったことです!笑

 

サバイバルテントを組み立てて寝ることになりましたが暑すぎて寝ることができず、結局就寝できたのは朝方。蚊も多くて長袖長ズボンで毛布にくるまりながらパラソルの下で寝る事になりました。

 

(面白い話、ありがとうございます!笑)

 

アウエイ戦試合前日の宿泊先、サバイバルテント!

 

Q5、現在は大学卒業に向けて帰国しましたが、卒業後の予定はありますか?

 

A4、卒業後は、また新しい国へ挑戦したいと考えてます。まだはっきりとした国は決まっていませんが行ったことない国で新しいサッカーを学んできたいと思っています!

 

Q6、海外サッカー「選手会」にどのようなことを期待していますか?

 

A5、「大学行かなければいけない」「就職しなきゃいけない」みたいな考えがありますが、このような人生の『選択肢』もあるんだよって教えていきたい、こういう人もいるんだよって知っていただきたいと思います。選手会を通じて、「伝えることの大切さ。」を自分自身も学びたいと思っています。

 

サポーターと一緒に勝利を分かち合う瞬間

 

日本でJリーガーになれなければ「プロサッカー選手にはなれない。」「普通に就職をしたほうが良い。」と言った考え方があることも事実です。

 

将来を考えたらサッカー選手はとても不安な職業であるし、ましてや海外でプレーするということは理解できないところも多いかと思います。

 

しかし、少しずつ日本人の働き方に関する考え方が変わりつつもあります。

 

大学で試合に出られない状況で海外に飛び出したことを誰も「逃げた」と言わないと思います。一見、無謀に感じる挑戦も、サッカーを通して人生を作っていくと考えたら、どんな経験も間違いなどないと感じます。

 

 

遠藤選手、ありがとうございました!

 

 

 

【 進捗報告 】

 

クラウドファンディング 終了まで残り「8日」

目標支援金額まで86,000円

 

僕にできることは皆様のご支援、ご協力に感謝して

ひとつひとつの活動を最後まで進めていくことです。

 

最後に皆さまへ良い報告ができるように

引き続きご支援・シェア拡散のご協力お願い致します! 

https://readyfor.jp/projects/yu-kuboki

 

個人またはご支援者様、企業様からの相談・質問等をお待ちしております。

info@yukuboki.net まで気軽にご連絡ください。

 

久保木優

 

新着情報一覧へ