プロジェクト概要

「失敗は宝もの」をテーマに、教育支援プロジェクト「夢のアカデミー」を気仙沼で開催致します。

 

初めまして!夢のアカデミー主宰の若山と申します。

 

このプロジェクトでニッポンの子どもたちの為に伝えたいことは、「失敗から多くを学び、努力することで挫折という大きな壁を乗り越えることが出来る!」です。様々な世界で活躍する方々を講師として招き、特別授業を通して子どもたちと夢の時間を共有し、共に学んで行きます。

 

11月20日に東京都狛江市の公立中学校で、過去には富山県射水市の公立中学校と東京都江戸川区の公立小学校で3回開催しました。今回は「夢のアカデミー」を気仙沼市で開催したいと思っています。

 

しかし気仙沼は遠方のため、「夢のアカデミー」の運営費が足りません。皆様のご支援いただけないでしょうか。

 

(シドニー五輪男子レスリング グレコローマン69kg級銀メダリスト永田克彦さんに児童手作りの記念品と花束贈呈)

 

「夢のアカデミー」を気仙沼で開催したい!

 

被災地の子どもたちが震災という大きな壁に立ち向かい、乗り越えていくための一助になることを願い、是非とも開催したいのです。そして気仙沼の校長先生にご賛同頂き、これから子どもたちが生きていく上で必要な「生きるチカラ」や、夢に向かってどのように努力を重ねたかを教えて欲しいと言われました。

 

シドニー五輪銀メダリスト永田克彦さん、ロンドン五輪銅メダリスト松本隆太郎さん、元プロ野球投手佐野重喜さん、その他多くのアスリートからも賛同して頂き、今後講師としてご協力頂けることになりました。

 

しかし今までスポーツイベント等で知り合ったアスリートたちと、個人的に始めたプロジェクトですので、現在は特定の企業や団体の支援は受けられず、少ない学校予算やスタッフのボランティアで活動して来ました。

 

(松本先生からのメッセージ)

 

プロジェクトを始めた経緯

 

学校や子どもたちを取り巻く教育環境は昔と違い大きく変わりました。いま子どもたちに本当に必要なことは、失敗から多くを学ばせることだと思っています。例えば子どもたちが失敗しないよう、大人が何でもしてあげる過保護なことは、子どもたちが自ら工夫し学んでいくチャンスを失わせているのではないでしょうか。

 

このプロジェクトは有名人の自慢話を聞かせたい訳ではありません。世界で活躍してきた一流の講師から、自分たちも成功するまでに何度も失敗し、なぜ失敗したかを考え、そして努力したからこそ乗り越えることが出来たと、直接子どもたちに伝えてあげたいのです。

 

(真剣勝負に生徒も保護者も熱狂)

 

今までの活動

 

詳細は公式フェイスブックをご覧下さい。

https://www.facebook.com/yumenoacademy

 

2013年11月20日に東京都狛江市の公立中学校で全校生徒対象に、ロンドン五輪男子レスリング グレコローマン60kg級銅メダリストの松本隆太郎さんをお招きして、「失敗は宝もの 夢の舞台への挑戦」と題し、「いま頑張れないことは、明日も頑張れない」「明日は今日の積み重ね」と講演し、実技指導では選ばれし10名の男子生徒と、真剣勝負で最高の思い出を残してくれました。

        

              (給食終わるとサイン攻め)

 

               (クラスごとに記念撮影)

 

2012年11月19日富山県射水市の公立中学校で全校生徒を対象に、ロンドン五輪男子レスリング グレコローマン60kg級銅メダリストの松本隆太郎さんをお招きして、次年度から統廃合で母校が無くなる生徒たちに松本さんから、「不安は自分の努力でしか消せない」「努力は裏切らない」とメッセージを送りました。

 

(松本先生の一本背負い)

 

2013年2月26日東京都江戸川区の公立小学校で、卒業していく6年生を対象に、シドニー五輪男子レスリング グレコローマン69kg級銀メダリスト永田克彦さんをお招きして、永田さんから児童たちに、「夢のために努力すればそれは目標に変わり、夢は現実になる」とメッセージを送りました。

 

また特別来賓として安倍昭恵総理夫人にもご臨席頂き、児童たちと一緒に給食を食べ、夢について語り合って頂きました!

 

(永田先生大きいなぁ)

 

夢のアカデミー実施内容について

 

先ずは子どもたちと一緒に給食

給食を一緒に食べながら触れあうことで親近感が沸き、特別授業への意欲が高まります!

 

          (このあと腕相撲が始まりました!)

 

夢のアカデミー開校式

待ちに待った夢の時間!

憧れのトップアスリートが音楽に乗って、颯爽と入場して来ます。

 

          (永田先生が銀メダルを持って入場)

 

夢トーク

実体験をもとに失敗や敗戦から学んだことや、感謝の気持ち、努力を継続することの大切さを、トークショー形式で分かりやすく伝えて行きます。

 

           (児童たちと夢について語り合い)

 

         (初めて触ったオリンピック銀メダル)

 

実技体験

子どもたちが一番楽しみな時間です。

一流の技を直接見て、体験できて世界を肌で感じる瞬間です。

 

                (永田先生にタックル)

 

     (2020東京五輪でメダリストが生まれるかな!)

 

夢のアカデミー閉校式

今日学んだことや体験したことは、一生の思い出として心に残り、子どもたちが夢に向かって大きく翔ばたいてくれる礎です。

             

   (永田さん、安倍さん、校長先生を囲んで記念撮影)

 

          (ご参加頂いた保護者も大はしゃぎ)

 

開催概要

 

名称:夢のアカデミー  気仙沼

場所:気仙沼市立面瀬小学校

期日:2014年2月20日(1ヶ月前後で変更の可能性有り)

講師:ロンドン五輪男子レスリング銅メダリスト 松本隆太郎選手

 

開催に最低限必要な予算

 

事前事後作業費¥200,000

人件費¥350,000

特別講師・講師随行員・モデレーター・公式カメラマン・運営スタッフ

交通費+宿泊費¥250,000

合計¥800,000

上記資金のご協力お願い出来ないでしょうか。
今後も夢のアカデミーを継続するためにも、どうか皆様のご支援をよろしくお願いします。

ご協力いただいた皆さまには、下記を持ってお礼とさせていただきます。

子どもたちの作文